トピックス

第32回 π造形コロキウム 開催

高知大学の山田和彦先生より、「固体13C NMR法を用いた液晶分子の構造解析」という題目で講演していただきました。普段我々は液晶や分子集合体の集合構造について、X線や偏光顕微鏡のみから決 定していますが、固体NMRではこれらの手法では知り得ない情報が得られることを、実例を元にわかりやすく教えていただきました。今後領域内でも 様々な共同研究の可能性を感じさせる講演会となりました。

ポスターはこちらから。

IMG_4995

IMG_4986

π造形スクール

π造形科学NEWS by佐藤健太郎

π-System Figuration for rising scientists

π-System Figuration facebook page

Page top