トピックス

第44回π造形コロキウム 開催

2016年3月15日、ドイツ・ボン大学のStreubel先生に「Terminal Phosphinidene and Phosphinidenoid Complexes: Differences,Similarities and new Opportunities」の題目でご講演いただきました。
不安定なリン化学種を遷移金属を巧みに用いて安定化し、それを用いて様々な複素環の合成に成功した経緯を丁寧に解説して頂きました。学生を啓蒙するメッセージも頂き、講演後には多くの質問がありました。

P1010026

P1010025

π造形スクール

π造形科学NEWS by佐藤健太郎

π-System Figuration for rising scientists

π-System Figuration facebook page

Page top