研究業績

メンバー別表示

2014

原著論文
  1. 83.

    "Structure–Property Relationship of Supramolecular Ferroelectric [H-66dmbp][Hca] Accompanied by High Polarization, Competing Structural Phases, and Polymorphs",
    K. Kobayashi, S. Horiuchi, S. Ishibashi, F. Kagawa, Y. Murakami, R. Kumai,
    Chem. Eur. J. 2014, 20, 17515-17522 .
    DOI:10.1002/chem.201404759

  2. 82.

    "Formation of Single Cu Atomic Chain in Nitrogen Atmosphere",
    S. Kaneko, Y. Nakamura, M. Kiguchi, J. Zhang, X. Yang, J. Zhao,
    J. Phys. Chem. C
    . 2015, 119, 862-866.
    DOI:10.1021/jp510916h

  3. 81.

    "A 3-Pyridyl-5,15-Diazaporphyrin Ni(II) as a Bidentate Ligand to Transition Metals",
    A. Yamaji, J.-Y. Shin, Y. Miyake, H. Shinokubo,
    Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 13924-13927.
    DOI:10.1002/anie.201408852

  4. 80.

    "Synthesis of Curved Hexa-peri-hexabenzocoronenes",
    R. Yamaguchi, S. Hiroto, H. Shinokubo,
    Chem. Lett. 2014, 43, 1673-1639.
    DOI:10.1246/cl.140577

  5. 79.

    "Translation of assembling trajectory by preorganization: A study of the magnetic properties of 1D polymeric unpaired electrons immobilised  on a discrete nanoscopic scaffold",
    V. K. praveen, Y. Yamamoto, T. Fukushima, Y. Tsunobuchi, K. Nakabayashi, S. Ohkoshi, K. Kato, M. Takata, T. Aida,
    Chem. Commun. 2015, 51, 1206-1209.
    DOI:10.39/C4CC08942A

  6. 78.

    "Synthetic Method Dependent Magnetic Relaxation in a Cobalt(II) Phosphonate Chain Compound",
    Z.-S. Cai, M. Ren, S.-S. Bao, N. Hoshino, T. Akutagawa, L.-M. Zheng,
    Inorganic Chemistry, 2014, 53, 12546-12552.
    DOI:10.1021/ic5021737

  7. 77.

    "Organic Donor-Acceptor Assemblies form Coaxial p-n Heterojunctions with High Photoconductivity",
    S. Prasanthkumar, S. Ghosh, V. C. Nair, A. Saeki, S. Seki, A. Ajayaghosh,
    Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 946–950.
    DOI:10.1002/anie.201408831

  8. 76.

    "Direct Observation of Hole Shift and Characterization of Spin States in Radical Ion Pairs Generated from Photoinduced Electron Transfer of (Phenothiazine)n-Anthraquinone (n = 1, 3) Dyads",
    A. Karimata, S. Suzuki, M. Kozaki, K. Kimoto, K. Nozaki, H. Matsushita, N. Ikeda, K. Akiyama, D. Kosumi, H. Hashimoto, K. Okada,
    J. Phys. Chem. A 2014, 118, 11262-11271.
    DOI:10.1021/jp509643q

  9. 75.

    "Reversible Control of Radius and Morphology of Fluorene-Azobenzene Copolymer Nanowires by Light Exposure",
    Adv. Mater. Interfaces 2015, 2, 1400450.
    DOI:10.1002/admi.201400450

  10. 74.

    "Polymerization of Room-Temperature Ionic Liquid Monomers by Electron Beam Irradiation with the Aim of Fabricating Three-Dimensional Micropolymer/Nanopolymer Structures",
    H. Minamimoto, H. Irie, T. Uematsu, T. Tsuda, A. Imanishi, S. Seki, S. Kuwabata,
    Langmuir 2015, 31, 4281–4289.
    DOI:10.1021/la503252p

  11. 73.

    "A simple and rapid method for high-resolution visualization of single-ion tracks",
    M. Omichi, W. Choi, D. Sakamaki, S. Tsukuda, M. Sugimoto, S. Seki,
    AIP Adv. 2014, 4, 117128.
    DOI:10.1063/1.4902164

  12. 72.

    "Allosteric Regulation of the Ligand-binding Ability of Zinc Porphyrins with Sterically Bulky Shielding Units by Metal Complexation",
    Y. Ninomiya, M. Kozaki, S. Suzuki, K. Okada,
    Bull. Chem. Soc. Jpn. 2014, 87, 1195–1201.
    DOI:10.1246/bcsj.20140197
    (Selected Paper)

  13. 71.

    "Supramolecular Photovoltaic Cells Utilizing Inclusion Complexes Composed of Li+@C60 and Cyclic Porphyrin Dimer",
    H. Sakai, T. Kamimura, F. Tani, T. Hasobe,
    J. Porphyrins Phthalocyanines 2015, 19, 242-250.
    DOI:10.1142/S1088424614501156

  14. 70.

    "Picket-fence Polythiophene and its Diblock Copolymers that Afford Microphase Separation Comprising a Stacked and Isolated Polythiophene Ensemble",
    C. Pan, K. Sugiyasu, J. Aimi, A. Sato, M. Takeuchi,
    Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 8870-8875.

    DOI:10.1002/anie.201402813

  15. 69.

    "Motion Capture and Manipulation of a Single Synthetic Molecular Rotor by Optical Microscopy",
    T. Ikeda, T. Tsukahara, R. Iino, M. Takeuchi, H. Noji,
    Angew. Chem. Int. Ed
    2014, 53, 10082-10085.
    DOI:10.1002/anie.201403091

  16. 68.

    "A Carbazole-fluorene Molecular Hybrid for Quantitative Detection of TNT using a Combined Fluorescence and Quartz Crystal Microbalance Method",
    K. K. Kartha, A. Sandeep, Vijayakumar C. Nair, M. Takeuchi, A. Ajayaghosh,
    Phys. Chem. Chem. Phys. 2014, 16, 18896-18901.
    DOI:10.1039/C4CP03050H

  17. 67.

    "Effect of Conjugated Backbone Protection on Intrinsic and Light-induced Fluorescence Quenching in Polythiophene",
    D. Sahoo, K. Sugiyasu, Y. Tian, M. Takeuchi, I. G. Scheblykin,
    Chem. Mater. 2014, 26, 4867-4875.

    DOI: 10.1021/cm5021959

  18. 66.

    "Blending Conjugated Polymers without Phase Separation for Fluorescent Color Tuning of Polymeric Materials through FRET",
    C. Pan, K. Sugiyasu, M. Takeuchi,
    Chem. Commun. 2014, 50, 11814-11817. 

    DOI:10.1039/C4CC03594A

  19. 65.

    "Kinetic Control over Pathway Complexity in Supramolecular Polymerization through Modulating the Energy Landscape by Rational Molecular Design",
    S. Ogi, T. Fukui, M. Jue, M. Takeuchi, K. Sugiyasu,
    Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 14363–14367.
    DOI:10.1002/anie.201407302

  20. 64.

    "Systematic studies on side-chain structures of phthalocyaninato-polysiloxanes: Polymerization and self-assembling behaviors",
    S. Yoneda, T. Sakurai, T. Nakayama, K. Kato, M. Takata, S. Seki,
    J. Porphyrins Phthalocyanines, 2015, 19, 160–170.
    DOI:10.1142/S1088424614501053

  21. 63.

    "Rhodium-Catalyzed Intramolecular Dehydrogenative Aryl-Aryl Coupling Using Air as Terminal Oxidant",
    H. Baars, Y. Unoh, T, Okada, K. Hirano, T. Satoh, K, Tanaka, C, Bolm, M. Miura,
    Chem. Lett. 2014, 43, 1782–1784.
    DOI:10.1002/ejoc.201501282

  22. 62.

    "New efficient (thio)acetalized fullerene monoadducts for organic solar cells: characterization based on solubility, mobility balance, and dark current",
    T. Mikie, A. Saeki, H. Masuda, N. Ikuma, K. Kokubo, S. Seki,
    J. Mater. Chem. A, 2015, 3, 1152–1157.
    DOI:10.1039/C4TA05965D

  23. 61.

    "Unexpected Dehalogenation Reactions of Dichloroborane Bearing a NCN-Pincer Ligand: Formation of a Borenium Salt",
    M. Saito, K.
    Matsumoto, M. Fujita and M. Minoura,
    Heteroatom Chem. 2014, 25, 354-360.
    DOI:10.1002/hc.21211

  24. 60.

    "Solid-Solid Phase Interconversion in an Organic Conductor Crystal: Hydrogen-bond-mediated Dynamic Changes of π-Stacked Molecular Arrangement and Physical Properties",
    J. Yoshida, A. Ueda, A. Nakao, R. Kumai, H. Nakao, Y. Murakami, H. Mori,
    Chem. Commun. 2014, 50, 15557.
    DOI:10.1039/c4cc07810a

  25. 59.

    "Hole mobility enhancement and p -doping in monolayer WSe2 by gold decoration",
    C.-H. Chen, C.-L. Wu, J. Pu, M.-H. Chiu, P. Kumar, T. Takenobu, L.-J. Li,
    2D Materials 2014, 1, 034001.
    DOI:10.1088/2053-1583/1/3/034001

  26. 58.

    "Time-lapse nanoscopy of friction in the non-Amontons and non-Coulomb regime",
    T. Ishida, T. Sato, T. Ishikawa, M. Oguma, N. Itamura, K. Goda, N. Sasaki,  H. Fujita,
    Nano Lett. 2015, 15, 1476-1480.
    DOI:10.1021/nl5032502

  27. 57.

    "Tetramethylbithiophene in π-conjugated alternating copolymers as an effective structural component for the formation of spherical assemblies",
    L. Tong, S. Kushida, J. Kuwabara, T. Kanbara, N. Ishii, A. Saeki, S. Seki, S. Furumi, Y. Yamamoto,
    Polym. Chem. 2014, 5, 3583–3587.
    DOI:10.1039/c4py00023d

  28. 56.

    "Electronic Network of Single-Crystalline Metal Oxide Nanoclusters Wired byπ-Molecules",
    R. Tsunashima, Y. Iwamoto, Y. Baba, K. Ishiguro, Yu-Fei Song, T. Akutagawa,
    Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 11228-11231.
    DOI: 10.1002/anie.201406223

  29. 55.

    "Fluorination of Benzothiadiazole–Benzobisthiazole Copolymer Leads to Additive-Free Processing with Meliorated Solar Cell Performance",
    A. Gopal, A. Saeki, M. Ide, S. Seki,
    ACS Sustainable Chem. Eng. 2014, 2, 2613–2622.
    DOI:10.1021/sc5005617

  30. 54.

    "Supramolecular Engineering of Oligothiophene Nanorods without Insulators: Hierarchical Association of Rosettes and Photovoltaic Properties",
    S. Yagai, M. Suzuki, X. Lin, M. Gushiken, T. Noguchi, T. Karatsu, A. Kitamura, A. Saeki, S. Seki, Y. Kikkawa, Y. Tani, K. Nakayama,
    Chem. Eur. J. 2014, 20, 16128-16137.
    DOI:10.1002/chem.201404428
    (selected as back cover)

  31. 53.

    "Synthesis and Properties of a Bis[(Nitronyl Nitroxide)-2-ide Radical Anion]-Palladium Complex",
    S. Suzuki, H. Yokoi, M. Kozaki, Y. Kanzaki, D. Shiomi, K. Sato, T. Takui, K. Okada,
    Eur. J. Inorg. Chem. 2014, 28, 4740–4744.
    DOI:10.1002/ejic.201402564

  32. 52.

    "Beyond Fullerenes: Design of Nonfullerene Acceptors for Efficient Organic Photovoltaics",
    H. Li, T. Earmme, G. Ren, A. Saeki, S. Yoshikawa, N. Murari, S. Subramaniyan, M. J. Crane, S. Seki, S. A. Jenekhe,
    J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 14589–14597.
    DOI:10.1021/ja508472j

  33. 51.

    "Spatial Point Analysis of Ion Track Patterns using Common Polymer Films by Atomic Forced Microscopy",
    M. Omichi, W. Choi, S. Tsukuda, M. Sugimoto, and S. Seki,
    J. Photopolym. Sci. Tech. 2014, 27, 561–564.
    DOI:10.2494/photopolymer.27.561

  34. 50.

    "Exploring Photovoltaic Feasibility of Pentaaryl [60]Fullerene in Bulk Heterojunction Architecture",
    T. Mikie, A. Saeki, N. Ikuma, K. Kokubo, S. Seki,
    J. Photopolym. Sci. Tech. 2014, 27, 553–555.
    DOI:10.2494/photopolymer.27.553

  35. 49.

    "C–Cl Bond Activation on Au/Pd Bimetallic Nanocatalysts Studied by Density Functional Theory and Genetic Algorithm Calculations",
    B. Boekfa, E. Pahl, N. Gaston, H. Sakurai, J. Limtrakul, M. Ehara,
    J. Phys. Chem. C. 2014, 118, 22188–22196.
    DOI:10.1021/jp5074472

  36. 48.

    "Synthesis, Structures and Properties of Triple- and Double-decker Ruthenocenes Incorporated A Group 14 Metallole Dianion Ligand",
    T. Kuwabara, J. D. Guo, S. Nagase, T. Sasamori, N. Tokitoh, M. Saito,
    J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 13059-13064.
    DOI:10.1021/ja507330p

  37. 47.

    "Frequency-Modulated Gigahertz Complex Conductivity of TiO2 Nanoparticles: Interplay of Free and Shallowly Trapped Electrons",
    A. Saeki, Y. Yasutani, H. Oga, S. Seki,
    J. Phys. Chem. C. 2014, 118, 22561–22572.
    DOI:10.1021/jp505214d

  38. 46.

    "Crystal structure of asymmetric organic semiconductor 7-decyl-2-phenyl[1]benzothieno[3,2-b][1] benzothiophene",
    H. Minemawari, J. Tsutsumi, S. Inoue, T. Yamada, R. Kumai, T. Hasegawa,
    Appl. Phys. Express 2014, 7, 091601-091603.
    DOI:10.7567/APEX.7.091601

  39. 45.

    "Improved Understanding of the Electronic and Energetic Landscapes of Perovskite Solar Cells: High Local Charge Carrier Mobility, Reduced Recombination, and Extremely Shallow Traps",
    H. Oga, A. Saeki, Y. Ogomi, S. Hayase, S. Seki,
    J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 13818–13825.
    DOI:10.1021/ja506936f

  40. 44.

    "Synthesis, Reactivity, and Property of 5,15-Dithiaporphyrin Copper(II) Complex",
    N. Wachi, T. Kondo, S. Ito, S. Hiroto, J.-Y. Shin, H. Shinokubo,
    J. Porphyrins Phthalocyanines. 2014, 18, 675-678.
    DOI:10.1142/S1088424614500412

  41. 43.

    "Molecular Assembly and Ferroelectric Response of Benzenecarboxamides Bearing Multiple –CONHC14H29 Chains",
    Y. Shishido, H. Anetai, T. Takeda, N. Hoshino, S. Noro, T. Nakamura, T. Akutagawa,
    J. Phys. Chem. C. 2014, 118, 21204-21214.
    DOI:10.1021/jp506035h

  42. 42.

    "Hydrogen-Bond-Dynamics-Based Switching of Conductivity and Magnetism: A Phase Transition Caused by Deuterium and Electron Transfer in a Hydrogen-Bonded Purely Organic Conductor Crystal",
    A. Ueda, S. Yamada, T. Isono, H. Kamo, A. Nakao, R. Kumai, H. Nakao, Y. Murakami, K. Yamamoto, Y. Nishio, H. Mori,
    J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 12184-12192.
    DOI:10.1021/ja507132m

  43. 41.

    "Preferential oxidation-induced etching of zigzag edges in nanographene",
    J. Takashiro, Y. Kudo, S. Hao, K. Takai, D. N. Futaba, T. Enoki, M. Kiguchi,
    Phys. Chem. Chem. Phys. 2014, 16, 21363-21371.
    DOI:10.1039/C4CP02678K

  44. 40.

    "Alkyl Substituent Effects on Molecular Packing and Optoelectronic Properties of 2,3-Dialkyltetracenes",
    C. Kitamura, G. Ohe, T. Kawase, A. Saeki, S. Seki,
    Bull. Chem. Soc. Jpn. 2014, 87, 915–921.
    DOI:10.1246/bcsj.20140006

  45. 39.

    "Sumanenetrione Anions Generated by Electrochemical and Chemical Reduction",
    S. Higashibayashi, B. B. Shrestha, Y. Morita, M. Ehara, K. Ohkubo, S. Fukuzumi, H. Sakurai,
    Chem. Lett. 2014, 43, 1297-1299.
    DOI:10.1246/cl.140351

  46. 38.

    "Eclipsed Columnar Packing in Crystal Structure of Sumanenetrione",
    B. B. Shrestha, Y. Morita, T. Kojima, M. Kawano, S. Higashibayashi, H. Sakurai,
    Chem. Lett. 2014, 43, 1294-1296.
    DOI:10.1246/cl.140350

  47. 37.

    "Enantioselective Synthesis of [9] and [11]Helicene-Like Molecules: Double Intramolecular [2+2+2] Cycloaddition",
    Y. Kimura, N. Fukawa, Y. Miyauchi, K. Noguchi, K. Tanaka,
    Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 8480–8483.
    DOI: 10.1002/anie.201404810

  48. 36.

    "Synthesis, properties, and semiconducting characteristics of electron-transporting three-dimensional π-conjugated compounds containing dicyanomethylene-substituted difluorocyclopenta[b]thiophene",
    Y. Ie, S. Jinnai, M. Karakawa, A Saeki, S. Seki, Y. Aso,
    J. Fluorine Chem., 2015, 174, 75–80.
    DOI:10.1016/j.jfluchem.2014.07.023

  49. 35.

    "Systematic Variations in the Charge-Glass-Forming Ability of Geometrically Frustrated θ-(BEDT-TTF)2X Organic Conductors",
    T. Sato, F. Kagawa, K. Kobayashi, A. Ueda, H. Mori, K. Miyagawa, K. Kanoda, R. Kumai, Y. Murakami, Y. Tokura,
    J. Phys. Soc. Jpn. 2014, 83, 083602-083605.
    DOI:10.7566/JPSJ.83.083602

     

  50. 34.

    "Directed assembly of optoelectronically active alkyl–π-conjugated molecules by adding n-alkanes or π-conjugated species",
    M. J. Hollamby, M. Karny, P. H. H. Bomans, N. A. J. M. Sommerdijk, A. Saeki, S. Seki, H. Minamikawa, I. Grillo, B. R. Pauw, P. Brown, J. Eastoe, H. Möhwald, T. Nakanishi,
    Nature Chem. 2014, 6, 690–696.
    DOI:10.1038/nchem.1977

  51. 33.

    "Ion-Based Assemblies of Planar Anion Complexes and Cationic Pt(II) Complexes",
    R. Sekiya, Y. Tsutsui, W. Choi, T. Sakurai, S. Seki, Y. Bando, H. Maeda,
    Chem. Commun. 2014, 50, 10615–10618.
    DOI:10.1039/C4CC04565C

  52. 32.

    "New Method for the Fabrication of a Charge Transfer Complex by Photoirradiation",
    M. Matsuda, M. Nishi, S. Koga, M. Fujishima, N. Hoshino, T. Akutagawa, H. Hasegawa,
    Chemistry A European Journal 2014, 20, 11318-11321.
    DOI:10.1002/chem.201402644

  53. 31.

    "Disilanyl Double-Pillared Bisternaphthyl (SiDPBT): Synthesis and Interfused Packing Structures with Herringbone and π-Stack Motifs",
    W. Nakanishi, N. Matsuyama, D. Hara, A. Saeki, S. Hitosugi, S. Seki, H. Isobe,
    Chem. Asian J. 2014, 9, 1782–1785.
    DOI: 10.1002/asia.201402290

  54. 30.

    "Non-contact, non-destructive, quantitative probing of interfacial trap sites for charge carrier transport at semiconductor-insulator boundary",
    W. Choi, T. Miyakai, T. Sakurai, A. Saeki, M. Yokoyama, S. Seki,
    Appl. Phys. Lett. 2014, 105, 033302/1–4.
    DOI:10.1063/1.4891052

  55. 29.

    "Synthesis and Redox Response of Insulated Molecular Wire Elongated through Iron-Terpyridine Coordination Bonds",
    J. Terao, T. Hosomi, H. Masai, W. Matsuda, S. Seki, T. Fujihara, Y. Tsuji, 
    Chem. Lett. 2014, 43, 1289–1291.
    DOI:10.1246/cl.140365

  56. 28.

    "Aza-crown-ether-appended xanthene: Selective ratiometric fluorescent probe for silver(I) ion based on arene-metal ion interaction",
    I. Takashima, A. Kanegae, M. Sugimoto, A. Ojida,
    Inorg. Chem. 2014, 53, 7080-7082.
    DOI:10.1021/ic500980j

  57. 27.

    "Formation of One-Dimensional Helical Columns and Excimerlike Excited States by Racemic Quinoxaline-Fused [7]Carbohelicenes in the Crystal",
    H. Sakai, S. Shinto, Y. Araki, T. Wada, T. Sakanoue, T. Takenobu, T. Hasobe,
    Chemistry - A European Journal 2014, 20, 10099-10109.
    DOI:10.1002/chem.201402426

  58. 26.

    "In Situ Picosecond XAFS Study of an Excited State of Tungsten Oxide",
    Y. Uemura, H. Uehara, Y. Niwa, S. Nozawa, T. Sato, S. Adachi, 
B. Ohtani, S. Takakusagi, K. Asakura,
    Chem. Lett. 2014, 43, 977.
    DOI:10.1246/cl.140144

  59. 25.

    "Structural influences on charge carrier dynamics for small-molecule organic photovoltaics",
    Z. Wang, T. Miyadera, A. Saeki, Y. Zhou, S. Seki, Y. Shibata, T. Yamanari, K. Matsubara, Y. Yoshida,
    J. Appl. Phys. 2014, 116, 013105/1–7.
    DOI:10.1063/1.48870762014/7/03

  60. 24.

    "Crystal Melting by Light: X-ray Crystal Structure Analysis of an Azo Crystal Showing Photoinduced Crystal-Melt Transition",
    M. Hoshino, E. Uchida, Y. Norikane, R. Azumi, S. Nozawa, A. Tomita, T. Sato, S. Adachi, S. Koshihara,
    J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 9158-9164.
    DOI:10.1021/ja503652c

  61. 23.

    "Sumanenemonoone Imines Bridged by Redox-Active π-Conjugated Unit: Synthesis, Stepwise Coordination to Palladium(II), and Laser-Induced Formation of Nitrogen-Doped Graphitic Carbon",
    T. Amaya, Y. Inada, Y. Shimizu, A. Saeki, R. Tsuji, S. Seki, T. Hirao,
    Chem. Asian J. 2014, 9, 2568–2575.
    DOI:10.1002/asia.201402242

  62. 22.

    "Systematic Control of the Excited-State Dynamics and Carrier-Transport Properties of Functionalized Benzo[ghi]perylene and Coronene Derivatives",
    S. Hirayama, H. Sakai, Y. Araki, M. Tanaka, M. Imakawa, T. Wada, T. Takenobu, T. Hasobe,
    Chemistry - A European Journal 2014, 20, 9081-9093.
    DOI:10.1002/chem.201304679

  63. 21.

    “Crystal Melting by Light: X-ray Crystal Structure Analysis of an Azo Crystal Showing Photoinduced Crystal-Melt Transition”,
    M. Hoshino, E. Uchida, Y. Norikane, R. Azumi, S. Nozawa, A. Tomita, T. Sato, S. Adachi, S. Koshihara,
    J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 9158.
    DOI:10.1021/ja503652c

  64. 20.

    "Tetramethylbithiophene in π-conjugated alternating copolymers as an effective structural component for the formation of spherical assemblies",
    L. Tong, S. Kushida, J. Kuwabara, T. Kanbara, N. Ishii, A. Saeki, S. Seki, S. Furumi, Y. Yamamoto,
    Polym. Chem. 2014, 5, 3583–3587.
    DOI:10.1039/C4PY00023D

  65. 19.

    "Oxidative Coupling of Organoboron Compounds",
    R. N. Dhital, H. Sakurai,
    Asian J. Org. Chem. 2014, 3, 668-684.
    DOI:10.1002/ajoc.201300283

  66. 18.

    "Three-way output molecular response system based on tetrakis(3,4-dialkoxyphenyl)-3,4-dihydro [5] helicenes: Perturbation of properties by long alkyl chains",
    Y. Ishigaki, S. Yoshida, H. Kawai, R. Katoono, K. Fujiwara, T. Fukushima, T. Suzuki,
    Heterocycles 2015, 90, 126-135.
    DOI:10.3987/COM-14-S(K)31

  67. 17.

    "Thermally Driven Polymorphic Transition Prompting a Naked-Eye-Detectable Bending and Straightening Motion of Single Crystals",
    T. Shima, T. Muraoka, N. Hoshino, T. Akutagawa, Y. Kobayashi, K. Kinbara,
    Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 7173-7178.
    DOI:10.1002/anie.201402560

  68. 16.

    "Boosting photovoltaic performance of benzobisthiazole based copolymer: a device approach using a zinc oxide electron transport layer",
    A. Saeki, M. Tsuji, S. Yoshikawa, A. Gopala, S. Seki,
    J. Mater. Chem. 2014, 2, 6075-6080.
    DOI:10.1039/C3TA14109H

  69. 15.

    "2,6-Diphenyl- and -Distyryl-Capped 3,7-Dialkoxybenzo[1,2-b:4,5-b’]dithiophenes and Their Dithieno-Annulated Higher Homologs: Structural Phase Transition with Enhanced Charge Carrier Mobility",
    S. Minami, M. Ide, K. Hirano, T. Satoh, T. Sakurai, K. Kato, M. Takata, S. Seki, M. Miura,
    Phys. Chem. Chem. Phys. 2014, 16, 18805–18812.
    DOI:10.1039/C4CP03002H

  70. 14.

    "Two-Dimensional Tetrathiafulvalene Covalent Organic Frameworks: Towards Latticed Conductive Organic Salts",
    S. Jin, T. Sakurai, S. Dalapati, T. Kowalczyk, F. Xu, H. Wei, X. Chen, J. Gao, S. Seki, S. Irle, D. Jiang,
    Chem. Eur. J. 2014, 20, 14608–14613.
    DOI:10.1002/chem.201402844

  71. 13.

    "Fabrication of enzyme-degradable and size-controlled protein nanowires using single particle nano-fabrication technique",
    M. Omichi, A. Asano, S. Tsukuda, K. Takano, M. Sugimoto, A. Saeki, D. Sakamaki, A. Onoda, T. Hayashi, S. Seki,
    Nature Commun. 2014, 5, 3718/1–8.
    DOI:10.1038/ncomms4718

  72. 12.

    "Electron-donor function of methanofullerenes in donor–acceptor bulk heterojunction systems",
    Y. Ie, M. Karakawa, S. Jinnai, H. Yoshida, A. Saeki, S. Seki, S. Yamamoto, H. Ohkita, Y. Aso,
    Chem. Commun. 2014, 50, 4123–4125.
    DOI:10.1039/C4CC00940A

  73. 11.

    "On-Top π-Stacking of Quasiplanar Molecules in Hole-Transporting Materials: Inducing Anisotropic Carrier Mobility in Amorphous Films",
    A. Wakamiya, H. Nishimura, T. Fukushima, F. Suzuki, A. Saeki, S. Seki, I. Osaka, T. Sasamori, M. Murata, Y. Murata, H. Kaji,
    Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 5800–5804.
    DOI:10.1002/anie.201400068

  74. 10.

    "Magnetically Induced Anisotropic Orientation of Graphene Oxide Locked by in Situ Hydrogelation",
    L. Wu, M. Ohtani, M. Takata, A. Saeki, S. Seki, Y. Ishida, T. Aida,
    ACS Nano, 2014, 8, 4640–4649.
    DOI:10.1021/nn5003908

  75. 9.

    "Enantioselective Synthesis and Enhanced Circularly Polarized Luminescence of S-Shaped Double Azahelicenes",
    K. Nakamura, S. Furumi, M. Takeuchi, T. Shibuya, K. Tanaka,
    J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 5555–5558.
    DOI:10.1021/ja500841f

  76. 8.

    "Application of singular value decomposition analysis to time-dependent powder diffraction data of an in-situ photodimerization reaction",
    A. F. Mabied, S. Nozawa, M. Hoshino, A. Tomita, T. Sato, S. Adachi,
    J. Synchrotron Rad. 2014, 21, 554-560.
    DOI:10.1107/S1600577514004366

  77. 7.

    "Design of Ratiometric Fluorescent Probes Based on Arene–Metal-Ion Interactions and Their Application to CdII and Hydrogen Sulfide Imaging in Living Cells", 
    I. Takashima, M. Kinoshita, R. Kawagoe, S. Nakagawa, M. Sugimoto, I. Hamachi, A. Ojida, 
    Chemistry - A European Journal. 2014, 20, 2184-2192.
    DOI: 10.1002/chem.201304181

  78. 6.

    "Effects of ortho-Phenyl Substitution on Molecular Arrangements of Octadehydrodibenzo[12]annulene",
    I. Hisaki, N. Manabe, K. Osaka, A. Saeki, S. Seki, N. Tohnai, M. Miyata,
    Bull. Chem. Soc. Jpn. 2014, 87, 323–333.
    DOI:10.1246/bcsj.20130279

  79. 5.

    "Three-dimensional micro/nano-scale structure fabricated by combination of non-volatile polymerizable RTIL and FIB irradiation",
    S. Kuwabata, H. Minamimoto, K. Inoue, A. Imanishi, K. Hosoya, H. Uyama, T. Torimoto, T. Tsuda, S. Seki,
    Sci. Rep. 2014, 4, 3722/1–6.
    DOI:10.1038/srep03722

  80. 4.

    "Synthesis of functionalized insulated molecular wires by polymerization of an insulated π-conjugated monomer",
    J. Terao, K. Homma, Y. Konoshima, R. Imoto, H. Masai, W. Matsuda, S. Seki, T. Fujihara, Y. Tsuji,
    Chem. Commun. 2014, 50, 658–660.
    DOI:10.1039/C3CC47105E

  81. 3.

    "Synthesis of One-Dimensional Metal-Containing Insulated Molecular Wire with Versatile Properties Directed toward Molecular Electronics Materials",
    H. Masai, J. Terao, S. Seki, S. Nakashima, M. Kiguchi, K. Okoshi, T. Fujihara, Y. Tsuji,
    J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 1742–1745.
    DOI:10.1021/ja411665k

  82. 2.

    "Benzobisthiazole as Weak Donor for Improved Photovoltaic Performance: Microwave Conductivity Technique Assisted Molecular Engineering",
    M. Tsuji, A. Saeki, Y. Koizumi, N. Matsuyama, C. Vijayakumar, S. Seki,
    Adv. Funct. Mater. 2014, 24, 28–36.
    DOI:10.1002/adfm.201301371

  83. 1.

    "Expandability of Ultralong C–C Bonds: Largely Different C1–C2 Bond Lengths Determined by Low-temperature X-ray Structural Analyses on Pseudopolymorphs of 1,1-Bis(4-fluorophenyl)-2,2-bis(4-methoxyphenyl)pyracene",
    T. Suzuki, Y. Uchimura, F. Nagasawa, T. Takeda, H. Kawai, R. Katoono, K. Fujiwara, K. Murakoshi, T. Fukushima, A. Nagaki, J. Yoshida,
    Chem. Lett. 2014, 43, 86-88.
    DOI:10.1246/cl.130872

著書
  1. 2.

    "Synthesis of Bicyclo[3.1.0]hexanes via Enantioselective Cycloiosomerization of 1,6-Enynes Catalyzed by Rhodium and Benzoic Acid",
    K. Masutoimi, K. Tanaka, XXVI International Conference on Organometallic Chemistry, ICOMC-16, Sapporo, 2014.7.13-18.

  2. 1.

    松浦和則, 角五彰, 岸村顕広, 佐伯昭紀, 竹岡敬和, 内藤昌信, 中西尚志, 舟橋正浩, 矢貝史樹, 有機機能材料 基礎から応用まで, エキスパート応用化学テキストシリーズ, 講談社, 2014.
    ISBN:978-4-06-156802-0

総説・解説
  1. 2.

    「“Simple and Strong" ジアリールボリニウムイオンの開発 –「超ルイス酸分子科学」の開拓へ向けて」
    庄子 良晃, 田中 直樹, 福島 孝典
    月刊化学 2014, 69, 38–42.
    (表紙として採用)

  2. 1.

    "Charge carrier mobility in organic molecular materials probed by electromagnetic waves",
    S. Seki, A. Saeki, T. Sakurai and D. Sakamaki,
    Phys. Chem. Chem. Phys. 2014, 16, 11093–11113.
    DOI:10.1039/c4cp00473f

特許出願
  1. 3.

    名称: 4,4',10,10'-ビジヒドロアクリジン類及びその製造方法
    出 願人: 大学共同利用機関法人自然科学研究機構
    発 明者: 東林修平, 山本浩司
    出願番号:特願 2014-226660号(出願日: 平成26年11月17日)

  2. 2.

    名称 :新規トリフェニレン誘導体およびこれを含む中間相形成性組成物
    出願人:福島孝典, 梶谷孝,
    出願番号:2014–2075608(出願日:平成26年10月8日)

  3. 1.

    名称: 1,1’,9,9’-ビカルバゾール類、1,1’-ビカルバゾール塩類、及びその製造方法
    出 願人: 大学共同利用機関法人自然科学研究機構
    発 明者: 東林修平
    出願番号:特願 2014-145555号(出願日:平成26年7月16日)

受賞
  1. 2.

    受賞者:斎藤雅一
    賞名:日本化学会第32回学術賞
    受賞タイトル:「重元素導入による特異なπ電子系の創製と芳香族性の概念の拡張」

  2. 1.

    受賞者:三宅由寛(忍久保グループ)
    賞名前:有機合成化学協会奨励賞
    受賞タイトル:光誘起電子移動の精密制御に基づく含窒素化合物の効率的変換反応の開発
    学会:有機合成化学協会

国内会議発表(ポスター)
  1. 104.

    “Synthesis of BODIPY oligomers by oxidation of amino-substituted BODIPYs”, 横井 寛生, 廣戸 聡, 忍久保 洋, 2014年度IGER年次報告会, 名古屋, 2014年12月18日
  2. 103.

    “Synthesis and properties of pyridyldiazaporphyrin-Rhenium complexes”, 山路文香, 辛知映, 三宅由寛, 忍久保洋, 2014年度 IGER年次報告会, 名古屋, 2014年12月18日
  3. 102.

    “Synthesis of pyrenyl-substituted butadienes”, 小田一磨, 廣戸聡, 忍久保洋, 2014年度IGER年次報告会, 名古屋, 2014年12月18日
  4. 101.

    “Synthesis of Porphyrin Oligomers with Highly Twisted π-plane”, 伊藤 覚, 廣戸 聡, 忍久保 洋, 2014年度IGER年次報告会, 名古屋, 2014年12月18日
  5. 100.

    【優秀賞】「環状テトラチオフェンの位置選択的シリル化」
    芹澤祐真, 加藤祥平, 三宅由寛, 忍久保洋, 第45回 中部化学関係学協会支部連 合秋季大会, 春日井, 2014年11月30日

  6. 99.

    「電子状態データマイニングによる生体イメージング分子の蛍光特性解析」
    黒木孝行, 杉本学, 第37回情報化学討論会2014豊橋, 豊橋商工会議所, 豊橋, 2014年11月27日

  7. 98.

    「量子化学的類似性を記述子とする薬物分子生理活性解析」
    飯田瑞貴, 牧山恵里香, 岩根陵, 黒木孝行, 杉本学, 第37回情報化学討論会2014豊橋, 豊橋商工会議所, 豊橋, 2014年11月27日

  8. 97.

    「電子状態計算に基づく分子形状解析法の開発と“形状-活性”相関解析への応用」
    土井龍大, 飯田瑞貴, 岩根陵, 杉本学, 第37回情報化学討論会2014豊橋, 豊橋商工会議所, 豊橋, 2014年11月27日

  9. 96.

    「テキストマイニングを利用した化学情報抽出ツールの開発」
    長屋秀幸, 黒岩公孝, 井手尾俊宏, 杉本学, 第37回情報化学討論会2014豊橋, 豊橋商工会議所, 豊橋, 2014年11月27日

  10. 95.

    「量子化学理論に基づく分子類似性評価法の開発とその応用」
    岩根陵, 土井龍大, 杉本学,第37回情報化学討論会2014豊橋, 豊橋商工会議所, 豊橋, 2014年11月27日

  11. 94.

    "Development of 2D Conductive Materials by Self-Assembly of Tripodal Triptycenes Functionalized with Fullerenes",
    Franco King-Chi Leung, 第1回π造形科学若手研究会, 熱海, 2014年11月21-22日

  12. 93.

    “Design and Synthesis of Novel Rhenium Complexes Bearing 2,2'-Bis(aminomethyl)-4,4'-Bipyridyl Ligand as an Electron-Accepting Unit”, 鎌塚拓人, 三宅由寛, 忍久保洋, 第8回有機π電子系シンポジウム, 佐賀, 2014年11月21日
  13. 92.

    「窒素架橋ジピリン誘導体を経由したアザコロールの汎用的合成法の開発」 大森裕土, 廣戸聡, 忍久保洋, 第8回有機π電子系シンポジウム, 佐賀, 2014年11月21日
  14. 91.

    「ピリジルジアザポルフィリンを二座配位子として有する遷移金属錯体」 山路文香, 第 1 回π造形科学若手研究会, 熱海, 2014年11月21日
  15. 90.

    「一方向に大きくねじれたポルフィリン多量体の合成」 伊藤覚, 第 1 回π造形科学若手研究会, 熱海, 2014年11月21日
  16. 89.

    「マイクロ波を用いた非接触・非破壊局所伝導度測定法」
    筒井祐介, 崔旭鎮, 関修平, SciencePlaza 2014, NTT物性科学基礎研究所, 2014年11月21日

  17. 88.

    「MgO担持Ru触媒への気体分子吸着に関する第一原理分子動力学計算」
    杉本学, 第28回シミュレーション討論会, 仙台市民会館, 仙台, 2014年11月13日

  18. 87.

    「層グラフェンシートの引き剥がし過程における原子スケール摩擦のグラフェン配向角度依存性」
    安藤孝和,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 第34回表面科学学術講演会, 島根県立産業交流会館(くにびきメッセ), 2014年11月7日

  19. 86.

    「単層グラフェンシートの安定吸着配向のシートサイズ依存性」 佐藤研介,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 第34回表面科学学術講演会, 島根県立産業交流会館(くにびきメッセ), 2014年11月7日
  20. 85.

    「CNT探針による単層CNTの分子マニピュレーション」 中川翔太,板村賢明, 小柳文子, 近匡,三浦浩治, 佐々木成朗, 第34回表面科学学術講演会, 島根県立産業交流会館(くにびきメッセ), 2014年11月7日
  21. 84.

    「グラフェンナノダンパーの機械特性」
    松本翼,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 第34回表面科学学術講演会, 島根県立産業交流会館(くにびきメッセ), 2014年11月7日

  22. 83.

    「多層C60分子ベアリングの超潤滑」
    今村祥,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 第34回表面科学学術講演会, 島根県立産業交流会館(くにびきメッセ), 2014年11月7日

  23. 82.

    「カーボンナノチューブの原子間力顕微鏡像のシミュレーション」 本橋雅章,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗,第34回表面科学学術講演会, 島根県立産業交流会館(くにびきメッセ), 2014年11月7日
  24. 81.

    「ピレン含有ブタジエンの合成および物性」 小田一磨, 第 1 回π造形科学若手研究会, 熱海, 2014年11月21日
  25. 80.

    「熱力学的平衡から離れた超分子集合体の時間発展プログラム」 福井智也, 大城宗一郎, 杉安和憲, 竹内正之, 高分子学会第29回茨城地区「若手の会」交流会, 高分子学会第29回茨城地区「若手の会」交流会, つくば市, 2014年10月30-31日
  26. 79.

    “Quantum-Chemistry-Based Chemoinformatics System for Molecular Discovery: Database, Search Engines, and More”,
    M. Sugimoto, CBI学会 2014年大会, タワーホール船堀, 東京, 2014年10月28-30日

  27. 78.

    “Molecular Similarity Based on Electronic Interaction Topology”,
    T. Doi, M. Sugimoto, CBI学会 2014年大会, タワーホール船堀, 東京, 2014.10.28-30

  28. 77.

    “Electronic-Structure Data Mining For Molecular Property Analysis”,
    T. Kurogi, M. Sugimoto, CBI学会 2014年大会, タワーホール船堀, 東京, 2014年10月28-30日

  29. 76.

    “Classification of Bioisostere Based on Similarity Evaluated by Electronic- Structure Calculation”,
    R. Iwane, M. Sugimoto, CBI学会 2014年大会, タワーホール船堀, 東京, 2014年10月28-30日

  30. 75.

    「ミリモル濃度のCa2+濃度変化を検出するポリアクリル酸Ca2+センサー」
    長谷部花子, 石割文崇, 染谷隆夫, 福島孝典, 第15回リング・チューブ超分子研究会シンポジウム, 東京工業大学, 大岡山キャンパス, 2014年10月27-28日

  31. 74.

    「新しい水素結合モチーフとしての縮環マロナミド:嵩高い骨格の導入によるチューブ構造への集積」
    清水貴広, 髙田知伸, 福島孝典, 河合英敏, 第15回リング・チューブ超分子研究会シンポジウム, 東京工業大学, 大岡山キャンパス, 2014年10月27-28日

  32. 73.

    「アニオン交換基を導入したPIMを用いた高伝導性アニオン交換膜の開発」
    佐藤嵩浩, 石割文崇, 宮西将史, 野村淳子, 山口猛央, 福島孝典, 第15回リング・チューブ超分子研究会シンポジウム, 東京工業大学, 大岡山キャンパス, 2014年10月27-28日

  33. 72.

    「オルソゴナルな相互作用が可能な1、9、10-アンチリジン誘導体を用いた超分子集合体の合成」
    針生智大, 高橋輝賢, 石割文崇, 福島孝典, 小泉武昭, 第4回CSJ化学フェスタ2014, タワーホール船堀, 2014年10月14-16日

  34. 71.

    優秀ポスター賞】「ヤヌス型トリプチセンを基盤とした三本直鎖ポリマーの合成と物性評価」
    木村忠弘, 石割文崇, 福島孝典, 第4回CSJ化学フェスタ2014, タワーホール船堀, 2014年10月14-16日

  35. 70.

    優秀ポスター賞】「PIM(Polymer of Intrinsic Microporosity)を基本骨格としたアニオン交換膜の開発」
    佐藤嵩浩, 石割文崇, 宮西将史, 野村淳子, 山口猛央, 福島孝典, 第4回CSJ化学フェスタ2014, タワーホール船堀, 2014年10月14-16日

  36. 69.

    「近赤外光を吸収するBODIPY多量体の簡便合成法の開発」 横井 寛生, 廣戸 聡, 忍久保 洋, 第4回CSJ化学フェスタ2014, タワーホール船堀, 2014年10月15日
  37. 68.

    優秀ポスター賞】「分子ローターを有する三脚型トリプチセンの合成と集合化挙動」
    木田裕貴, 石割文崇, 梶谷孝, 庄子良晃, 福島孝典, 第4回CSJ化学フェスタ2014, タワーホール船堀, 2014年10月14-16日

  38. 67.

    「超分子ナノリングの形成におけるπスタッキングの効果」
    矢貝史樹, 新津敬介, 唐津孝, 北村彰英, CSJ化学フェスタ, 船堀, 2014年10月14-16日 (ポスター)

  39. 66.

    「両親媒性ペリレンビスイミドダイアドの自己集合」
    矢貝史樹, 小笠原睦, 唐津孝, 北村彰英, CSJ化学フェスタ, 船堀, 2014年10月14-16日 (ポスター)

  40. 65.

    「メカノクロミズム特性を持つ両親媒性ルミノフォア」
    矢貝史樹, 平井優, 唐津孝, 北村彰英, CSJ化学フェスタ, 船堀, 2014年10月14-16日 (ポスター)

  41. 64.

    「水素結合性ペリレンビスイミドの光会合制御」
    矢貝史樹, 鈴木朋哉, 唐津孝, 北村彰英, CSJ化学フェスタ, 船堀, 2014年10月14-16日 (ポスター)

  42. 63.

    「水系溶媒中におけるペリレンビスイミド超分子ロゼットの構築」
    矢貝史樹, 福田一平, 唐津孝, 北村彰英, CSJ化学フェスタ, 船堀, 2014年10月14-16日 (ポスター)

  43. 62.

    【優秀ポスター発表賞】「キラル側鎖を有するアゾベンゼン会合体の熱および光による超分子キラリティの反転」
    千葉陽介, 矢貝史樹, CSJ化学フェスタ, 船堀, 2014年10月14-16日

  44. 61.

    【優秀ポスター発表賞】「自己集合性ナノリングへの光応答性部位の導入」
    山田裕樹, 矢貝史樹, 唐津孝, 北村彰英, CSJ化学フェスタ, 船堀, 2014年10月14-16日

  45. 60.

    「バルビツール酸超分子ロゼットの階層的集合におけるセルフソーティング」
    矢貝史樹, 岩脇秀隆, 唐津孝, 北村彰英, CSJ化学フェスタ, 船堀, 2014年10月14-16日 (ポスター)

  46. 59.

    【優秀ポスター発表賞】「[2 + 2]光環化付加反応を利用した集合経路の制御」
    山内光陽, 矢貝史樹, CSJ化学フェスタ, 船堀, 2014年10月14-16日

  47. 58.

    「トリアゾール縮環型p-ベンゾキノン誘導体の合成と結晶構造および電荷移動錯体の作製」
    佐藤匡裕, 武田貴志, 星野哲久, 芥川智行, 第4回CSJ化学フェスタ, 舟橋タワーホテル, 2014年10月14-16日

  48. 57.

    「キノキサリノン誘導体によるカチオン‐アニオンセンシング」
    中根由太, 武田貴志, 星野哲久, 坂井賢一, 芥川智行, 第4回CSJ化学フェスタ, 舟橋タワーホテル, 2014年10月14-16日

  49. 56.

    「ハロゲン置換メシチレン誘導体を用いた面内回転型分子ローターの作製と誘電応答」
    市川順一, 星野哲久, 武田貴志, 芥川智行, 第4回CSJ化学フェスタ, 舟橋タワーホテル, 2014年10月14-16日

  50. 55.

    「発光性フェノチアジン誘導体の光学特性および置換基効果」
    狩俣歩, 鈴木修一, 小嵜正敏, 舘 祥光, 岡田惠次, 2014年光化学討論会, 北海道大学, 2014年10月11–13日

  51. 54.

    「Eu(III) IN-IN 錯体の構造モデリングと光吸収」
    中村亮太, 重田育照, 奥野克樹, 岸 亮平, 鈴木修一, 小嵜正敏, 岡田惠次, 長谷川美貴, 中野雅由, 2014年光化学討論会 北海道大学 2014年10月11–13日

  52. 53.

    「クラスターイオンビームを用いたナノワイヤーの形成とその飛跡の可視化」
    竹下友輝, 櫻井庸明, 榎本一之, 関修平, 千葉敦也, 齋藤勇一, 出崎亮, 杉本雅樹, 大道正明, 第9回高崎量子応用研究シンポジウム, 高崎シティギャラリー, 2014年10月9-10日

  53. 52.

    「水素結合性オリゴチオフェンの集積構造の制御と有機薄膜太陽電池への応用」
    鈴木美香, 木崎陽弘, 中山健一, 吉川佳広, 矢貝史樹, CSJ化学フェスタ, 船堀, 2014年10月 (ポスター)

  54. 51.

    「単層グラフェンシートの安定吸着配向のシートサイズ依存性」 佐藤研介,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 電気通信大学ナノトライボロジーステーション(NaTRS)第一回ワークショップ, 電気通信大学, 東京, 2014年9月29-30日
  55. 50.

    「CNT探針による単層CNTの分子マニピュレーション」 中川翔太,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 電気通信大学ナノトライボロジーステーション(NaTRS)第一回ワークショップ, 電気通信大学, 東京, 2014年9月29-30日
  56. 49.

    「グラフェンナノダンパーの機械特性」 松本翼,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 電気通信大学ナノトライボロジーステーション(NaTRS)第一回ワークショップ, 電気通信大学, 東京, 2014年9月29-30日
  57. 48.

    「多層C60分子ベアリングの超潤滑」
    今村祥,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 電気通信大学ナノトライボロジーステーション(NaTRS)第一回ワークショップ, 電気通信大学, 東京, 2014年9月29-30日

  58. 47.

    「カーボンナノチューブの原子間力顕微鏡像のシミュレーション」 本橋雅章,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 電気通信大学ナノトライボロジーステーション(NaTRS)第一回ワークショップ, 電気通信大学, 東京, 2014年9月29-30日
  59. 46.

    「単層グラフェンシートの引き剥がし過程における原子スケール摩擦のグラフェン配向角度依存性」 安藤孝和,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 第5回トライボロジー秋の学校 in 愛知, 愛知県知多郡, 2014年9月25-26日
  60. 45.

    「C60分子ベアリングにおける転がり摩擦のメカニズム」 伊藤宏平,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 第5回トライボロジー秋の学校 in 愛知, 愛知県知多郡, 2014年9月25-26日
  61. 44.

    「CNT探針による単層CNTの分子マニピュレーション」 中川翔太,板村賢明, 小柳文子, 近匡,三浦浩治, 佐々木成朗, 第5回トライボロジー秋の学校 in 愛知, 愛知県知多郡, 2014年9月25-26日
  62. 43.

    「グラフェンナノダンパーの機械特性」
    松本翼,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 第5回トライボロジー秋の学校 in 愛知, 愛知県知多郡, 2014年9月25-26日

  63. 42.

    「多層C60分子ベアリングの超潤滑」
    今村祥,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 第5回トライボロジー秋の学校 in 愛知, 愛知県知多郡, 2014年9月25-26日

  64. 41.

    「カーボンナノチューブの原子間力顕微鏡像のシミュレーション」 本橋雅章,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 第5回トライボロジー秋の学校 in 愛知, 愛知県知多郡, 2014年9月25-26日 優秀ポスター賞

  65. 40.

    「Si対向探針で形成した単一真実接触部のせん断過程におけるアモルファス的原子の効果」 中嶋 佑樹, 小熊 将嗣, 大野 真弘, 板村 賢明, 中野 武雄, 石田 忠, 藤田 博之, 佐々木成朗, 第5回トライボロジー秋の学校 in 愛知, 愛知県知多郡, 2014年9月25-26日
  66. 39.

    「単層グラフェンシートの引き剥がし過程におけるC60分子ベアリングの潤滑特性」
    中澤 実希, 板村 賢明, 三浦 浩治, 佐々木成朗, 中野 武雄, 第5回トライボロジー秋の学校 in 愛知, 愛知県知多郡, 2014年9月25-26日

  67. 38.

    “Synthesis and Structures of Rhodium Complexes Derived from Dilithioplumbole and their Catalytic Activity”,
    中田麻理沙, 桑原拓也, 斎藤雅一,第61回有機金属化学討論会, 福岡, 2014年9月23-25日

  68. 37.

    「触媒的 C-H ホウ素化と縮環反応を基盤とするテ トラチア[8]サーキュレンの合成」 加藤 祥平, 芹澤 祐真, 三宅 由寛, 忍久保 洋, 第61回有機金属化学討論会, 九州大学, 2014年9月23日
  69. 36.

    「4,4'-ビピリジル骨格を基盤とする二核レニウム錯体の合成と性質」 鎌塚 拓人,三宅 由寛, 忍久保 洋, 第61回有機金属化学討論会, 九州大学, 2014年9月23日
  70. 35.

    「混合原子価[PMoVnMoVI12-nO40](3+n)-クラスターの誘電特性」
    中村一平, 星野哲久, 芥川智行, 綱島亮, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  71. 34.

    「三角白金格子を持つVèzes’ Red Salt を用いた有機-無機ハイブリッド集合体の作製」
    藤田成樹, 星野哲久, 武田貴志, 芥川智行, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  72. 33.

    「2,6-ジアミノピリジンおよび2-アミノピリミジンとクラウンエーテル誘導体からなる超分子カチオン結晶の誘電応答」
    久保和也, 劉尊奇, 山田晃弘, 野呂真一郎, 芥川智行, 中村貴義, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  73. 32.

    「ジシアノ鉄(III)テトラベンゾポルフィリンからなる分子性導電体の作製」
    西美樹, 松田真生, 池田光雄, 花咲徳亮, 星野哲久, 芥川智行, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  74. 31.

    「アルキルアミド置換ジベンゾ[18]crown-6誘導体の合成と機能開拓」
    木村悠航, 小林崇幸, 武田貴志, 星野哲久, 芥川智行, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  75. 30.

    「アルキルアンモニウム-ピリジンおよびベンゼンスルホン酸塩の結晶構造と相転移挙動」
    船田敦司, 武田貴志, 星野哲久, 芥川智行, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  76. 29.

    「テトラアミノ-p -ベンゾキノンの結晶構造と溶液中における二量化反応」
    佐藤匡裕, 武田貴志, 星野哲久, 芥川智行, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  77. 28.

    「ノルコロールの反応性に関する研究」 野澤遼, 山本恵太郎, Ji-Young Shin, 廣戸聡, 忍久保洋, 第25回基礎有機化学討論会, 仙台, 2014年9月8日
  78. 27.

    「オルトフェニレンオクタマー:ディスコティックカラムナー液晶の大面積垂直配向をもたらすドーパント」
    梶谷孝, 小阪敦子, 高田昌樹, 福島孝典, 相田卓三, 2014年日本液晶学会討論会, くにびきメッセ, 松江, 2014年9月8–10日

  79. 26.

    「色素増感型太陽電池を指向したサレン金属錯体とその類縁体の合成と性質」
    植田勇希,鈴木修一,小嵜正敏,村松陽平,昆野昭則,岡田惠次, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学, 2014年9月7–9日

  80. 25.

    「ロジウム錯体を用いた連続分子内[2+2+2]付加環化反応によるS字型ダブルヘリセン誘導体のエナンチオ選択的合成」
    木村雄貴, 田中健, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学川内北キャンパス, 宮城, 2014年9月8日

  81. 24.

    「金触媒を用いた分子内ヒドロアリール化反応によるアザ[10]ヘリセンのエナンチオ選択的合成」
    中村享資, 田中麻耶, 古海誓一, 竹内正之, 田中健, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学川内北キャンパス, 宮城, 2014年9月8日

  82. 23.

    「アニリンの酸化反応を応用したアントラセン縮環多量体の合成」 廣戸聡, 後藤澄光, 忍久保 洋, 第25回基礎有機化学討論会, 仙台, 2014年9月8日
  83. 22.

    「ロジウム錯体を用いた連続分子内[2+2+2]付加環化反応によるS字型ダブルヘリセン誘導体のエナンチオ選択的合成」
    木村雄貴, 田中健, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学川内北キャンパス, 2014年9月8日

  84. 21.

    「近赤外光を吸収するBODIPY多量体の簡便合成法の開発」 横井寛生, 廣戸聡, 忍久保洋, 第25回基礎有機化学討論会, 仙台, 2014年9月7日
  85. 20.

    「ピリジルジアザポルフィリンを支持配位子として有するレニウム錯体の合成と物性」 山路文香, 辛知映, 三宅由寛, 忍久保洋, 第25回基礎有機化学討論会, 仙台, 2014年9月7日
  86. 19.

    「ジピリン金属錯体を用いた[32]オクタフィリン金属錯体の合成および物性」 木戸裕允, 辛知映, 忍久保洋, 第25回基礎有機化学討論会, 仙台, 2014年9月7日
  87. 18.

    【ポスター賞】「ヒドロキシアントラセンの酸化によるオキサ[7]ヘリセンの合成」
    松野崇志, 小山祐太朗, 河合壯, 廣戸聡, 忍久保洋, 第25回基礎有機化学討論会, 仙台, 2014年9月7日

  88. 17.

    「窒素架橋ジピリン誘導体を経由したアザコロールの汎用的合成法の開発」 大森裕土, 廣戸聡, 忍久保洋, 第25回基礎有機化学討論会, 仙台, 2014年9月7日
  89. 16.

    「ロジウム触媒を用いた[2+2+2]付加環化反応によるトリフェニレン骨格を有するシラ[7]ヘリセンの不斉合成」
    村山浩一, 尾池泰彰, 古海誓一, 竹内正之, 田中健, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学川内北キャンパス, 宮城, 2014年9月7日

  90. 15.

    「アルキルアミド置換ピレン誘導体の誘電物性と自己集積化挙動」
    姉帯勇人, 武田貴志, 星野哲久, 芥川智行, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学, 2014年9月7-9日

  91. 14.

    「クラウンエーテル縮環型キノキサリノン誘導体の合成およびカチオンとアニオン認識に対する光学応答」
    中根由太, 武田貴志, 星野哲久, 坂井賢一, 芥川智行, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学, 2014年9月7-9日

  92. 13.

    「アントラセンユニットを組み込んだアザシクロファンの合成と電気化学的性質」
    岩永哲夫, 岡本尚朗, 豊田真司, 鈴木修一, 岡田惠次, 第25回基礎有機化学討論会 東北大学, 2014年9月7–9日

  93. 12.

    「ニトロニルニトロキシドラジカルアニオンが二つ配位した銀および金錯体の合成と性質」
    和田知之, 鈴木修一, 小嵜正敏, 岡田惠次, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学, 2014年9月7–9日

  94. 11.

    「5員環スピロアセタールを基本骨格として異なる付加基を有するフラーレン二付加体の太陽電池特性評価」
    三木江翼, 佐伯昭紀, 増田寛之, 伊熊直彦, 小久保研, 関修平, 第47回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 名古屋大学, 2014年9月3-5日

  95. 10.

    「n-ドデシルアンモニウム/3-ピリジンスルホン酸およびベンゼンスルホン酸塩の結晶構造と相転移挙動」
    舟田敦司, 星野哲久, 武田貴志, 芥川智行, 日本化学会「低次元系光機能材料研究会」第3回サマーセミナー, 有機-無機複合材料の光化学と新展開, 佐渡島開発総合センター, 2014年9月2-3日

  96. 9.

    「リン酸塩から成る水素結合性分子結晶の固相プロトン伝導に関する検討」
    吉井祐弥, 武田貴志, 星野哲久, 芥川智行, 日本化学会「低次元系光機能材料研究会」第3回サマーセミナー 有機-無機複合材料の光化学と新展開 佐渡島開発総合センター, 2014年9月2-3日

  97. 8.

    「含水有機溶媒中における水素結合性ペリレンビスイミド螺旋集合体の構築」
    矢貝史樹, 福田一平, 唐津孝, 北村彰英, 高分子討論会, 長崎, 2014年9月

  98. 7.

    「グラファイト型窒化炭素の電荷分離状態と水溶液中での光化学的水素発生に関する理論的研究」
    杉本学, 後藤宏平, 第26回配位化合物の光化学討論会, 首都大学東京, 八王子, 2014.8.7

  99. 6.

    「オルガノゲル材料を用いたナノ構造と新機能探索」
    吉井祐弥, 宍戸勇太, 武田貴志, 星野哲久, 芥川智行, 材料フェスタ in 仙台, 仙台国際センター, 2014年7月28-29日

  100. 5.

    「オルガノゲル材料を用いたナノ構造と新機能探索」
    吉井祐弥, 宍戸勇太, 武田貴志, 星野哲久, 芥川智行, 材料フェスタ in 仙台, 仙台国際センター, 2014年7月28-29日

  101. 4.

    「電子状態データ・マイニングによる物性解析(1) - 基本アルゴリズム開発と簡単な応用 -」
    黒木孝行, 杉本学, 第17回理論化学討論会, 名古屋大学, 名古屋, 2014年5月23日

  102. 3.

    「電子状態計算に基づく分子類似性解析とその応用(3)-Bioisoster に関するクラスター解析」
    岩根陵, 杉本学, 第17回理論化学討論会, 名古屋大学, 名古屋, 2014年5月23日

  103. 2.

    「ニッケルサレン錯体誘導体を用いた色素増感型太陽電池の研究」
    植田勇希, 鈴木修一, 小嵜正敏, 磯和樹, 昆野昭則, 岡田惠次, 日本化学会第95春季年会, 日本大学, 2014年3月26–29日

  104. 1.

    「ニトロニルニトロキシド金錯体を基盤とする開殻π電子系の合成法の研究」
    吉良沙也加, 鈴木修一, 小嵜正敏, 岡田惠次, 工位武治, 日本化学会第 95 春季年会, 日本大学, 2014年3月26–29日

国内会議発表(招待講演)
  1. 38.

    「ジピリンのカップリングによるポルフィリノイドの合成と機能の探求」 忍久保洋, 京都大学大学院理学研究科講演会, 京都, 2014年12月27日
  2. 37.

    「有機反応化学とポルフィリン化学の接点を求めて」 忍久保洋, 有機合成化学協会東海支部総合講演会, 静岡, 2014年12月13日
  3. 36.

    「π共役系分子のイオントラック内固相重合反応による半導体性ナノワイヤーの創成」
    櫻井庸明, 竹下友輝, 杉本雅樹, 関 修平, 第24回日本MRS年次大会, 横浜市開港記念館, 2014年12月10–12日

  4. 35.

    「分子をデザインして有機材料の未踏領域を切り拓く 〜Toward a New Paradigm for Organic Materials〜」
    矢貝史樹, 山梨県立都留高校, 山梨, 2014年12月

  5. 34.

    「セレンディピティー仮説―実証:新物質創製へのアプローチ」
    福島孝典, 第83回高分子若手研究会(関西), 兵庫, 2014年11月29日

  6. 33.

    "π-System Figuration by Molecular Design",
    福島孝典, 2014年度第4回シングルナノパターニング研究グループ公開講演会, 東京, 2014年11月28日

  7. 32.

    「ナノカーボン・シリコン界面のトライボロジー ~ 理論と実験の協働」
    佐々木成朗, 東京理科大学総合研究機構ナノカーボン研究部門ワークショップ, 東京理科大学・神楽坂キャンパス, 2014年11月25日

  8. 31.

    「π造形科学:電子と構造のダイナミズム制御による新機能創出」
    多田朋史, 福島孝典、第8回物性科学領域横断研究会, 大阪大学豊中キャンパス, 2014年11月21-22日

  9. 30.

    「二配位ホウ素カチオン「ボリニウムイオン」の創製:超ルイス酸分子化学の開拓を目指して」
    庄子良晃, 第 1 回π造形科学若手研究会, 熱海, 2014年11月21-22日

  10. 29.

    "Molecular Tiling: A Self-assembly Approach for Realizing Extraordinary Long-range Structural Order",
    清木規矢, 第 1 回π造形科学若手研究, 熱海, 2014年11月21-22日

  11. 28.

    「アミノ基を有する芳香族化合物の酸化による新規 π 共役化合物の合成」 横井寛生, 第 1 回π造形科学若手研究会, 熱海, 2014年11月21日
  12. 27.

    「化学コントラストを有する原子間力顕微鏡の実現に向けて ~カラーAFM~」 川勝 英樹, 小林 大, P. Allain, D. Damiron, 佐々木成朗, 第34回表面科学学術講演会, 島根県立産業交流会館(くにびきメッセ), 2014年11月7日
  13. 26.

    「超分子化学的に精密設計された高分子and vice versa」
    杉安和憲, 静岡大学理学部セミナー, 静岡大学, 2014年11月7日

  14. 25.

    「外部刺激による分子集積体の構造・物性制御」 矢貝史樹, 東京工業大学, 東京, 2014年11月
  15. 24.

    「電子状態計算を基盤とする分子探索システムの開発」
    杉本学, CBI学会 2014年大会, タワーホール船堀(東京), 2014年10月30日

  16. 23.

    「多段階平衡から生み出されるスイッチ機能」 竹内正之, 第15回リング・チューブ超分子研究会シンポジウム, 東工大大岡山キャンパス, 東京都, 2014年10月27-28日
  17. 22.

    「ナノカーボン・シリコン界面摩擦における真実接触部の力学の理解へ向けて」
    佐々木成朗, 第10回固体潤滑シンポジウム, 東京理科大学 森戸記念館, 2014年10月22日

  18. 21.

    「分子間水素結合ダイナミクスを利用した液晶性強誘電体の設計」
    芥川智行, 第1回資源研フォーラム, 東京工業大学蔵前会館くらまえホール, 2014年10月21-22日

  19. 20.

    「高次ヘリセンの触媒的不斉合成」 田中 健, 第1回資源研フォーラム, 東京工業大学, 2014.10.21
  20. 19.

    「高次ヘリセンの触媒的不斉合成」 田中 健, 第1回次世代の有機化学・広島シンポジウム, 広島大学, 2014.10.10
  21. 18.

    「誘電機能を利用した多重機能性の実現」
    芥川智行, 分子性材料の多重機能化に関する第1回インキュベーションセミナー, 東京農工大学, 2014年10月4日

  22. 17.

    「超分子エンジニアリングによる機能性材料創製 〜基礎から応用まで〜」
    矢貝史樹, 富士フィルム, 静岡, 2014年10月

  23. 16.

    「物質の新形態に基づく新機能・新現象を求めて –化学結合から分子集合体まで–」
    庄子良晃, 有機元素化学セミナー, 中央大学 理工学部 応用化学科, 2014年9月27日

  24. 15.

    「有機反応化学とポルフィリン化学の接点を求めて」
    忍久保 洋, 愛媛大学大学院理工学研究科講演会, 松山, 2014年9月26日

  25. 14.

    「π電子集積型超分子・高分子のデザイン:偶然から必然へ」
    福島孝典, 第63回高分子討論会, 長崎大学, 2014年9月24–26日

  26. 13.

    「機能発現に向けた分子集合体の巨視的配向制御」
    福島孝典, 平成26年度化学系学協会東北大会, 山形大学米沢キャンパス, 2014年9月20–21日

  27. 12.

    「大面積原子層薄膜を用いた新機能素子」
    竹延大志, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 北海道大学, 2014年9月18日

  28. 11.

    「刺激応答性分子集合体のデザイン~光から機械的刺激まで~」
    矢貝史樹, 東海高分子研究会, 三重, 2014年9月6日

  29. 10.

    「極性置換基を導入したPaddle-wheel型銅二核錯体の固気反応による構造と色の変化」
    高橋仁徳, 星野哲久, 野呂真一郎, 中村貴義, 芥川智行, 日本化学会「低次元系光機能材料研究会」第3回サマーセミナー 有機-無機複合材料の光化学と新展開, 佐渡島開発総合センター 2014年9月2-3日

  30. 9.

    「有機金属化学的手法を用いた新規ポルフィリン類縁体の合成と物性の探求」 忍久保 洋, 有機金属若手の会, 広島, 2014年9月2日
  31. 8.

    「ナノカーボン・シリコンの表面・界面におけるナノトライボロジー」
    佐々木成朗, 三浦浩治, 第166回 継電器・コンタクトテクノロジ研究会, 機械振興会館, 2014年8月15日

  32. 7.

    「有機反応化学とポルフィリン化学の接点を求めて」 忍久保 洋, 岡山大学大学院理学研究科講演会, 岡山, 2014年7月31日
  33. 6.

    遷移金属触媒を用いたエナンチオ選択的芳香環構築「ヘリセンの触媒的不斉合成」
    田中健, 岡山大学, 2014.7.30

  34. 5.

    「ナノ材料を用いた機能性素子」
    竹延大志, JOEMアカデミー2014 第1回有機トランジスタのデバイス物理と応用 ナノ材料を用いた機能性素子, 早稲田大学, 研究開発センター, 2014年7月23日

  35. 4.

    「表面・界面のナノトライボロジーの諸問題」 佐々木成朗, キャノン株式会社 研究講演会, キヤノン株式会社 総合R&D本部, 2014年7月15日
  36. 3.

    「電子状態計算を基盤とする機能分子インフォマティックスー計算化学による物質探索と発見をめざしてー」
    杉本学, 第5回「光・電子材料科学における現状と展望」研究会, 香川大学, 高松, 2014.7.11

  37. 2.

    「自己組織化をコントロールした超分子ポリマー」 杉安和憲, 高分子学会 精密ネットワークポリマー研究会, 東工大大岡山キャンパス, 東京都, 2014年7月10日
  38. 1.

    「ナノスケール摩擦の測定から制御へ ~ 分子のボールを転がして摩擦ゼロを目指す ~」 佐々木成朗, 千葉大学大学院理学研究科 物理学コース 物性セミナー, 千葉大学, 2014年7月8日
国内会議発表(一般口頭)
  1. 64.

    「電気化学発光セルによる有機半導体レーザーの検討」 坂上知, 竹延大志, レーザー学会 第468回研究会報告, 京都工芸繊維大学, 2014年11月28日
  2. 63.

    「π 共役平面をねじる:ビラジカルからの出発」 廣戸聡, 第1回π造形科学若手研究会, 熱海, 2014年11月21日
  3. 62.

    「チャネル構造を有するLi2([18]crown-6)3[Ni(dmit)2]2(H2O)4塩の固相カチオン交換と物性評価」
    市橋克哉, 西原禎文, 今野大輔, Maryunina Kseniya, 井上克也, 芥川智行, 中村貴義, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月8-9日

  4. 61.

    「二配位ホウ素カチオンの創製:超ルイス酸分子化学の開拓へ向けて」
    庄子良晃, 第一回資源研フォーラム, 東京工業大学 大岡山キャンパス くらまえホール, 2014年10月21–22日

  5. 60.

    「ドナー連結型ビス(ピリジルイミノ)イソインドリン白金錯体を用いた色素増感太陽電池に関する研究」
    松本侑真, 鈴木修一, 狩俣歩, 小嵜正敏, 村松陽平, 昆野昭則, 岡田惠次, 2014年光化学討論会, 北海道大学, 2014年10月11–13日

  6. 59.

    「ルイスペア包接結晶の電子状態と発光特性に関する理論解析:mNDI/TPFB/solvent系」
    杉本学, 小野利和, 久枝良雄, 1A02, 2014年光化学討論会, 北海道大学, 札幌, 2014年10月11日

  7. 58.

    「ナノカーボン・シリコンのトライボロジーと力学の研究~理論と実験の協働」
    佐々木成朗, 電気通信大学ナノトライボロジーステーション(NaTRS)第一回ワークショップ, 電気通信大学, 東京, 2014年9月29日

  8. 57.

    「シシカバブ型フタロシアニンポリマーを用いた電子ドナー/アクセプターπ電子集積材料の設計とその電気伝導特性」
    櫻井庸明, 関 修平, 第63回高分子討論会, 長崎大学, 2014年9月24–26日

  9. 56.

    「酸化チタンナノ粒子のGHz 周波数変調複素光電気伝導度」
    佐伯昭紀, 安谷佳浩, 大賀 光, 関 修平, 第63回高分子討論会, 長崎大学, 2014年9月24–26日

  10. 55.

    「非混和性側鎖を駆動力とするπ電子系ディスコチック液晶の設計と機能」
    筒井祐介, 櫻井庸明, 関 修平, 第63回高分子討論会, 長崎大学, 2014年9月24–26日

  11. 54.

    「単一粒子ナノ加工法による光応答性ナノワイヤーの形成」
    ホイロー チェン, タング マイケル, ツチンダ ワシン, 榎本一之, 千葉敦也, 斎藤勇一, 神谷富裕, 杉本雅樹, 佐伯昭紀, 関 修平, 第63回高分子討論会, 長崎大学, 2014年9月24–26日

  12. 53.

    「シシカバブ型フタロシアニンポリマーを主鎖構造とする巨大ブラシ状ポリマーの設計と光電気伝導特性」
    米田 聡, 櫻井庸明, 関 修平, 第63回高分子討論会, 長崎大学, 2014年9月24–26日

  13. 52.

    「高エネルギー単一粒子を用いた低分子材料の一次元固相重合とナノワイヤーの構築」 竹下友輝, 櫻井庸明, 関 修平, 第63回高分子討論会, 長崎大学, 2014年9月24–26日
  14. 51.

    「回転軸を有する共役系分子・高分子の合成と機能」 竹内正之, 第63回高分子討論会, 長崎大学文京キャンパス, 長崎市, 2014年9月24−26日
  15. 50.

    「ヘテロ積層したパイスタック分子の整流特性」 藤井慎太郎, 小本祐貴, 金相殷, 木口学, 多田朋史, 大須賀孝史, 村瀬隆史, 藤田誠, 分子科学討論会, 広島, 2014年9月24日
  16. 49.

    「電流-電圧特性計測による単分子接合の電子状態解明」 小本祐貴, 藤井慎太郎, 木口学, 分子科学討論会, 広島, 2014年9月24日
  17. 48.

    「金単原子接合における熱起電力の揺らぎ」 松下龍二, 金子哲, 木口学, 分子科学討論会, 広島, 2014年9月23日
  18. 47.

    「金ナノ粒子表面における光重合反応の機構解明」
    高橋諒士, 金子哲, 木口学, 分子科学討論会, 広島, 2014年9月23日

  19. 46.

    「クラウンエーテル縮環型キノキサリノン誘導体の合成とカチオン-アニオン二重センシング特性」
    中根由太, 武田貴志, 星野哲久, 坂井賢一, 芥川智行, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  20. 45.

    「金属イオン―クラウンエーテルからなるイオンチャネル構造を利用した固体カチオン交換」
    市橋克哉, 西原禎文, 今野大輔, Maryunina Kseniya, 井上克也, 芥川智行, 中村貴義, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  21. 44.

    「アニリニウム誘導体/ジベンゾ[18]クラウン-6超分子ローター構造を有する混晶の合成と物性評価」
    中川翔太, 久保和也, 野呂真一郎, 芥川智行, 中村貴義, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  22. 43.

    「Ru二核錯体とTCNQ誘導体からなる電荷移動型集積体の不活性種ドーピングによる電子物性制御」
    西尾正樹, 関根良博, 高坂亘, 谷口耕治, 星野哲久, 芥川智行, 宮坂等, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  23. 42.

    「アミノピリジニウム/キラルクラウンエーテル誘導体カチオンを導入した[Ni(dmit)2]-錯体結晶の合成と物性」
    渡辺大樹, 久保和也, 星野哲久, 芥川智行, 野呂真一郎, 中村貴義, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  24. 41.

    「アルキルアミド置換ピレン誘導体の光学特性と強誘電性」
    姉帯勇人, 武田貴志, 星野哲久, 芥川智行, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  25. 40.

    「キノイド構造を有する電子受容体及び電子供与体の合成・構造とエレクトロクロミズム」
    武田貴志, 芥川智行, 第8回分子科学討論会2014, 広島大学, 2014年9月21-24日

  26. 39.

    「計算化学と情報化学の融合による分子探索の試み」
    杉本学, シンポジウム「化学反応経路探索のニューフロンティア2014」, 広島大学,東広島, 2014年9月20日

  27. 38.

    「マイクロ波法によるグラフェン上のディラック電子の電荷輸送特性評価」 崔 旭鎮, 櫻井庸明, 佐伯昭紀, 関 修平, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 北海道大学, 2014年9月17–20日
  28. 37.

    「酸化チタンナノ粒子のGHz周波数変調複素光電気伝導度」 佐伯昭紀, 安谷佳浩, 大賀 光, 関 修平, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 北海道大学, 2014年9月17–20日
  29. 36.

    「非対称ベンゾチエノイソインディゴ基を含む共重合体の光電変換機能」 井出茉里奈, 佐伯昭紀, 小泉美子, 関 修平, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 北海道大学, 2014年9月17–20日
  30. 35.

    「ペロブスカイト構造における局所電荷キャリア移動度と再結合過程」
    大賀 光, 佐伯昭紀, 尾込裕平, 早瀬修二, 関 修平, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 北海道大学, 2014年9月17–20日

  31. 34.

    「Cl2-誘導結合型プラズマエッチングにおけるヤヌス型トリプチセンTripC12のエッチング特性の評価」
    松谷晃宏, 石割文崇, 庄子良晃, 上原卓也, 中川勝, 福島孝典,第75回応用物理学会秋季学術講演会, 北海道大学札幌キャンパス, 2014年9月17–20日

  32. 33.

    「嵩高い置換基を導入した一次元鎖Cu(II) 錯体の分子間相互作用と物性の相関」
    高橋仁徳, 星野哲久, 野呂真一郎, 中村貴義, 芥川智行, 錯体化学第64回討論会 , 中央大学, 2014年9月18-20日

  33. 32.

    「イオン液体を用いた青色電気化学発光セルの作製」 坂上 知,田中美奈子,竹延大志,米川文弘, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 北海道大学, 2014年9月18日
  34. 31.

    「金属錯体造形の電子論」
    杉本学, 錯体化学会第64回討論会, 1Fa-03, 中央大学, 東京, 2014年9月18日

  35. 30.

    「ミクロ多孔性高分子(PIM)を基盤とした新規アニオン交換膜の開発」
    井上智晴, 石割文崇, 宮西将史, 福島孝典, 山口猛央, 化学工学会第79年会, 九州大学, 2014年9月17–19日

  36. 29.

    「キヌクリジン型分子ローターが配位した金属錯体の合成と物性」
    星野哲久, 武田貴志, 芥川智行, 錯体化学第64回討論会, 中央大学, 2014年9月18-20日

  37. 28.

    「フレキシブル基板上ITO薄膜の熱的相転移過程解明に関する研究」
    塩飽義大, 口山 崇, 井上健二, 丸山秀夫, 武藤俊介, 関 修平, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 北海道大学, 2014年9月17–20日

  38. 27.

    「大面積WSe2 薄膜を用いたFlexible logic circuits」
    舟橋一真, 蒲江, Lain-Jong Li, 岩佐義宏, 竹延大志, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 北海道大学, 2014年9月17日

  39. 26.

    「電気二重層トランジスタを用いたカーボンナノチューブの熱電能の電界制御」
    飯塚貴彦, 清水直, 蒲江, 濱畑裕紀, 柳和宏, 竹延大志, 岩佐義宏, 日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月10日

  40. 25.

    「MoS2(0001)表面における摩擦の散逸エネルギーのフォノン分散曲線」
    石川誠,鈴木勝,佐々木成朗,三浦浩治, 日本物理学会2014秋季大会, 中部大学, 愛知, 2014年9月10日

  41. 24.

    "Rhodium-Catalyzed Intermolecular Alkyne Cyclotrimerization Route to a Functionalized Cycloparaphenylene",
    Y. Miyauchi, S. Fujii, K. Johmoto, N. Yasuda, H. Ito, K. Itami, H. Uekusa, M. Kiguchi, K. Tanaka, 第62回有機金属化学討論会, 関西大学, 大阪, 2014年9月7-9日

  42. 23.

    「アントラセンユニットを組み込んだ含窒素大環状化合物の合成と物性」
    岩永哲夫, 山内智和, 豊田真司, 鈴木修一, 岡田惠次, 第25回基礎有機化学討論会, 愛媛大学/松山大学, 松山, 2015年9月24–26日

  43. 22.

    「ニトロニルニトロキシド置換フェノキシルジラジカルの高効率合成と金属錯体への展開」
    辻本晴希, 鈴木修一, 小嵜正敏, 塩見大輔, 佐藤和信, 工位武治, 岡田惠次, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学, 2014年9月7–9日

  44. 21.

    「スマネントリオンの結晶構造とアニオン種」
    東林修平, Binod Babu Shrestha, 森田悠紀, 大久保敬, 福住俊一, 小島達弘, 河野正規, 江原正博, 櫻井英博, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学川内北キャンパス, 仙台, 2014年9月7-9日

  45. 20.

    「熱力学的平衡から離れた超分子集合体の時間発展プログラム」 福井智也, 大城宗一郎, 杉安和憲, 竹内正之, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大川内北キャンパス, 仙台市, 2014年9月7-9日
  46. 19.

    「構造秩序の長距離伝搬を可能にする分子タイリング」
    庄子良晃, 清木規矢, 梶谷孝, 石割文崇, 高田昌樹, 福島孝典, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学, 2014年9月7–9日

  47. 18.

    「電気化学発光セルの大電流密度駆動」 坂上知, 李金鵬, 宮崎真澄, 竹延大志, 日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月8日
  48. 17.

    「κ型ET塩に対する電気二重層を用いたキャリアドーピング」
    川椙義高, 蒲江, 枝川祐介, 佐藤慶明, 大島勇吾, 竹延大志, 山本浩史, 加藤礼三, 日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月8日

  49. 16.

    「金ナノ接合における熱起電力の接合温度依存性」 松下龍二, 金子哲, 木口学, 日本物理学会, 愛知, 2014年9月7日
  50. 15.

    「ねじれたπ共役平面を有するポルフィリンオリゴマーの合成」
    伊藤覚, 廣戸聡, 忍久保洋, 第25回基礎有機化学討論会, 仙台, 2014年9月7日

  51. 14.

    「ペンタセンの窒素および硫黄原子アナログの合成、構造、性質」
    吉田考平, 鈴木修一, 小嵜正敏, 塩見大輔, 佐藤和信, 工位武治, 岡田惠次, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学, 2014年9月7–9日

  52. 13.

    「単層遷移金属ダイカルコゲナイド大面積膜を用いたpn接合素子」
    和田義史, 蒲江, 清水諒, Chang-Hsiao Chen, Lain-Jong Li, 岩佐義宏, 竹延大志, 日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月7日

  53. 12.

    「[Li@C60](PF6)の反強誘電的相転移」
    青柳忍, 杉本邦久, 岡田洋史, 星野哲久, 芥川智行, 日本物理学会2014秋季大会, 中部大学, 2014年9月7-10日

  54. 11.

    「アレーンオリゴアミドが示す自己集積挙動と強誘電体物性」
    武田貴志, 姉帯勇人, 宍戸勇太, 星野哲久, 芥川智行, 第25回基礎有機化学討論会, 東北大学, 2014年9月7-9日

  55. 10.

    「π造形分子機械のナノ力学」 佐々木成朗, 新学術領域研究「π造形科学」公開シンポジウム, 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京, 2014年9月5日
  56. 9.

    「単分子抵抗スイッチの開発」 木口学, 大戸達彦, 藤井慎太郎, 杉安和憲, 中島誉人, 竹内正之, 中村恒夫, 分子科学討論会, 広島, 2014年9月2日
  57. 8.

    「水素結合性環状超分子の積層における協同性の発現」
    山内光陽, 石渡勝也, 矢貝史樹, 高分子討論会, 2014年9月

  58. 7.

    「π系集合体の動的制御:溶液から固体への展開」
    矢貝史樹, 第2回物質と光作用シンポジウム, 北海道, 2014年9月

  59. 6.

    「プルンボールを配位子としたルテノセンの合成と鉛上の置換基の構造に及ぼす影響」 中田麻理沙, 桑原拓也, 斎藤雅一, 錯体化学会第64回討論会, 東京, 2014年9月
  60. 5.

    「PIM(Polymer of Intrinsic Microporosity)を基盤としたアニオン交換膜の開発」
    佐藤嵩浩, 第46回構造有機化学若手の会, 旅館 "不死王閣", 大阪, 2014年8月7–9日

  61. 4.

    「新たな二次元足場を構築する 1,3-三つ又状分子の開発と応用」
    木田裕貴, 第46回構造有機化学若手の会, 旅館 "不死王閣", 大阪, 2014年8月7–9日

  62. 3.

    「大面積で長距離秩序構造を有する分子性薄膜の機能開拓」
    清木規矢, 第46回構造有機化学若手の会, 旅館 "不死王閣", 大阪, 2014年8月7–9日

  63. 2.

    「ナノスケール摩擦・力学の数値的・理論的研究」 佐々木成朗, 先進理工学専攻セミナー, 電気通信大学, 東京, 2014年8月1日
  64. 1.

    「孤立化されたπ共役系高分子の物性と機能」 杉安和憲, 竹内正之, 第60回高分子研究発表会, 兵庫県民会館, 神戸市, 2014年7月24-25日
国際会議発表(招待講演)
  1. 41.

    "Functional Supramolecular Materials based on Designed Conjugated Molecules and Polymers",
    M. Takeuchi, 8th Singapore International Chemistry Conference (SICC-8)
    Dec 14-17, 2014, Singapore, Singapore, 2014.12.14-17

  2. 40.

    "Living Supramolecular Polymerization",
    K. Sugiyasu, China-Japan Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures, Tianjin, 2014.12.10-14

  3. 39.

    “Straightforward Approach to 3D π-conjugated Molecules from 2D π-conjugated System”, S. Hiroto, 8th Singapore international Chemistry Conference, Singapore, 2014.12.16
  4. 38.

    【Lectureship Award from coordinator of Taiwan 9th ICCEOCA】
    "Self-Assembled Metastable Phase for Stimuli-Responsive Organic Materials",
    S. Yagai, 9th ICCEOCA, Lectureship Award from coordinator of Taiwan, Malaysia, 2014.12.4

  5. 37.

    "Construction, Functionalization, and Organization of Dendrimer with Conjugated Backbones",
    M. Kozaki, S. Suzuki, K. Okada, The 4th International Conference on Nanotek and Expo, San Francisco, USA, 2014.12.1–4

  6. 36.

    "Capturing structural dynamics of photochemistry by picosecond X-ray pulses",
    Shin-ichi Adachi, 2014 International Conference on Artificial Photosynthesis (ICARP2014), Awaji Yumebutai International Conference Center Awaji City, Hyogo, Japan, 2014.11.24-28

  7. 35.

    “Flexible and stretchable transistors based on nano materials”,
    T. Takenobu, 2014 IWFPE, Hotel le win, Jeonju, Korea, 2014.11.6

  8. 34.

    “Catalytic Enantioselective Helicene Synthesis”,
    K. Tanaka, Chiral India-2014, Mumbai, India, 2014.11.14

  9. 33.

    "Substituted Sumanenes: From Fundamental to Applied Research",
    H. Sakurai, The International Conference on Advanced Materials and Nanotechnology, Kathmandu, Nepal, 2014.11.5

  10. 32.

    "Ion-based flexible and printed devices",
    T. Takenobu, 2014 IWFPE Hotel le win, Jeonju, Korea, 2014.11.5

  11. 31.

    “DFT+NRG studies on novel Kondo effects in single molecules on metal surfaces”,
    E. Minamitani, The 17th Asian Workshop on First-Principles Electronic Structure Calculations, Seoul, Korea , 2014.11.3

  12. 30.

    "Supramolecular and Polymer Materials with Densely-Packed π-Electronic Units",
    T. Fukushima, International Symposium on Integrated Molecular/Materials Science and Engineering (IMSE2014), Liuyuan Hotel, Nanjing, China, 2014.11.1-3

  13. 29.

    "Non-Destructive Probing of Charge Carrier Transport in Electronic Conductive Molecular Materials and Their Interfaces",
    S. Seki, International Symposium of Integrated Molecular/Materials Science and Engineering 2014 (IMSE2014), Southeast University, Nanjing, China, 2014.11.1-3

  14. 28.

    "Development of Bron-based Molecular Super Lewis Acid",
    Y. Shoji, International Symposium on Integrated Molecular/Materials Science and Engineering (IMSE2014), Liuyuan Hotel, Nanjing, China, 2014.11.1-3

  15. 27.

    “Enantioselective Helicene Synthesis via Gold-Catalyzed Hydroarylation of Alkynes”,
    Ken Tanaka,OM&Cat-2014, Nara, 2014.10.28

  16. 26.

    “Kondo effects in single molecules on metal surfaces”,
    Emi Minamitani Spintronics and Magnetochemistry on the Atomic and Molecular Level, Ascona, Switzerland, 2014.10.27

  17. 25.

    "Asymmetric Synthesis of C3 Symmetric Buckybowls",
    H. Sakurai, International Symposium on the Synthesis and Application of Curved Organic π-Molecules and Materials (CURO-p), Uji, Kyoto, Japan, 2014.10.20

  18. 24.

    "Ion-driven organic and TMDC devices",
    T. Takenobu, FET2014, Mitsui Garden hotel, Chiba, 2014.10.20

  19. 23.

    "Ion-driven organic and TMDC devices",
    T. Takenobu, FET2014, Mitsui Garden hotel, Chiba, 2014.10.19

  20. 22.

    "Control of Morphology of Protein and Photo-Switchable Nanowires",
    S. Seki, IUAC International Conference on Swift Heavy Ions in Materials Engineering and Characterization 2014 (SHIMEC2014), Inter-University Accelerator Centre, New Delhi, 2014.10.14-17

  21. 21.

     “Nanoscale superlubricity, peeling and fracture at carbon and silicon interfaces”,
    N. Sasaki, MMM2014, 7th International Conference on Multiscale Materials Modeling, Berkeley, California, USA, 2014. 10.7

  22. 20.

    "CMOS Inverters and P-N Junction Diodes Based on Transition Metal Dichalcogenide Monolayers",
    T. Takenobu, 2014 ECS and SMEQ, Moon Palace Resort, Cuncun, Mexico, 2014.10.6

  23. 19.

    "Bucky-Gel Actuator",
    T. Fukushima, フラウンホーファー・産総研共同ラボ「フラウンホーファー・プロジェクトセンター」開設記念 Electroactive Polymer(EAP)研究シンポジウム, グランフロント大阪北館タワーB, 2014.10.2

  24. 18.

    "Living Supramolecular Polymerization",
    K. Sugiyasu, The 5th International Symposium of Advanced Energy Science, Kyoto, Japan, 2014.9.30

  25. 17.

    "Organic light-emitting transistor2,
    T. Takenobu, IFSOE 2014, hotel soyuzu, Gazprom, Russia, 2014.9.24

  26. 16.

    “Synthesis of Tin and Lead Analogs of Cyclopentadienyl Anion and their Application to Transition-metal Complexes", M. Saito, Conference Molecular Complexity in Modern Chemistry, Moscow, Russia, 2014.9.17
  27. 15.

    “Single Molecular Dynamics Using the Surface Enhanced Raman Scattering”, M. Kiguchi, van der Waals colloquium, Leiden, Netherlands, 2014.9.5
  28. 14.

    “Capturing structural dynamics of materials by picosecond X-ray pulses”,
    Shin-ichi Adachi, Tokushi Sato and Shunsuke Nozawa, The 15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014), Fukuoka University, Fukuoka, Japan, 2014.8.24-30

  29. 13.

    "Flexible and Stretchable transistors based on nanomaterials",
    T. Takenobu, IMID 2014, EXCO, Korea, 2014.8.27

  30. 12.

    "Moelcular Aggregation and Ferroelectric Properties of Alkylamide-Substituted Pyrene Derivative",
    H. Anetai, T. Takeda, N. Hoshino, T. Akutagawa,
    Tohoku University’s Chemistry Summer School 2014, Sendai, 2014.8.25-26.

  31. 11.

    “Capturing structural dynamics of materials by picosecond X-ray pulses”,
    Shin-ichi Adachi, MS-50 - Molecular Photocrystallography, the 23rd Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography (IUCr2014), Montreal, Canada, 2014.8.7-11

  32. 10.

    “Aromatic and Antiaromatic Organolead Compounds: Dilithioplumbole and Plumbacyclopentadienylidene”, M. Saito, 41st International Conference on Coordination Chemistry, Singapore, Singapore, 2014.7.24
  33. 9.

    “Transition-metal Complexes Derived from Aromatic Tin-containing Cyclopentadienyl Analogs”, M. Saito, 26th International Conference on Organometallic Chemistry, Sapporo, Japan, 2014.7.16
  34. 8.

    "Observation of Highly Uniform Nanowires from Small Molecule-Based Materials",
    S. Seki, 56th Accelerator Users Committee Meeting, Inter-University Accelerator Centre, New Delhi, 2014.7.6-7

  35. 7.

    "Novel Functional Device of Transition Metal Dichalcogenide Monolayers",
    T. Takenobu, AM-FPD '14, Ryukoku University, 2014.7.4

  36. 6.

    "Supramolecular Design of Metastable Phase for Stimuli-Responsive Organic Materials",
    S. Yagai, NIMS Conference, Tsukuba, Japan, 2014, 7.1-3.

  37. 5.

    "Design of Spramolecular and Polymer Materials Featuring Large-Area Orientatonal Order",
    T. Fukushima, NIMS Conference 2014 –A Strong Future From Soft Materials–, EPOCHAL RSUKUBA Tsukuba International Congress Center, Ibaraki, Japan, 2014.7.1-3

  38. 4.

    "Extremely high current density in organic light-emitting devices",
    T. Takenobu, NIMS Conference 2014, Tsukuba International Congress Center EPOCHAL TSUKUBA, 2014.7.2

  39. 3.

    "Norihisa Hoshino, Ferroelectricity and Nanofiber Network of Alkylamide-substituted Benzene Derivatives",
    T. Akutagawa, H. Anetai, Y. Shishido, T. Takeda, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2014 (ICSM 2014), Turku, Finland, 2014.6.30-7.5

  40. 2.

    “Capturing structural dynamics of materials by picosecond X-ray pulses”,
    Shin-ichi Adachi, Tokushi Sato and Shunsuke Nozawa,The 1st Conference on Laser and Synchrotron Radiation Combination Experiment (LSC2014), Optics and Photonics International Congress (OPIC) 2014, Pacifico Yokohama, 2014.4.22-25

  41. 1.

    "Electron Transport Through Single π-Stacked Systems And Ionic Wires",
    M. Kiguchi, S. Fujii, T. Tada, S. Watanabe, Asian Academic Seminar Kolkata, India, 2014.3.6

国際会議発表(ポスター)
  1. 45.

    “Studies on Efficient Synthetic Methods of π-Electronic Systems Substituted with Nitronyl Nitroxide Moiety”,
    S. Suzuki, R. Tanimoto, M. Kozaki, K. Okada, 感応性化学種が拓く新物質科学第2回若手国際シンポジウム, Osaka University, Osaka, Japan, 2014.12.9–10

  2. 44.

    “Full Color Fluorescence From RGB Trichromophoric Nanoparticle System Assisted by Dual-FRET in Aqueous Medium towards Visual Bio-sensing”, J. Xu, M. Takeuchi, The 10th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2014), Tsukuba, Japan, 2014.12.2-5
  3. 43.

    “Picket Fence Polythiophene and its Diblock Copolymers that Afford Microphase Separations Comprising a Stacked and Isolated Polythiophene Ensemble”, C. Pan, K. Sugiyasu, J. Aimi, A, Sato, M. Takeuchi, The 10th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2014), Tsukuba, Japan, 2014.12.2-5
  4. 42.

    “Control over Pathway Complexity in Supramolecular Polymerization through Modulating Energetic Landscape by Molecular Design”, T. Fukui, S. Ogi, K, Sugiyasu, M. Takeuchi, The 10th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2014), Tsukuba, Japan, 2014.12.2-5
  5. 41.

    "Room-temperature Synthesis of Highly-Twisted Porphyrin Oligomers",
    S. Hiroto, S. Ito, H. Shinokubo, 9th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia, Malaysia, 2014.12.3

  6. 40.

    “Reaction Mechanism of Photochemical Hydrogen Evolution from Water by Graphitic Carbon Nitride. A Density Functional Study”,
    M. Sugimoto, K. Goto,  2014 International Conference on Artificial Photosynthesis (ICARP2014), P4-27, Awaji Yumebutai International Conference Center (Awaji), 2014.11.25

  7. 39.

    “Space-Filling Design for Organic Thin Films with Extraordinary Long-Range Structural Integrity”,
    T. Kajitani, N. Seiki, Y. Shoji, F. Ishiwari, T. Fukushima, 2015 CRL Forum International, Tokyo Tech Front, Tokyo Institute of Technology, Ookayama, Japan, 2015.10.19-20

  8. 38.

    “Development of 2D Conductive Materials by Self-Assembly of C60-Functionalized Tripodal Triptycenes”,
    F. King-Chi Leung, F. Ishiwari, T. Kajitani, Y. Shoji, A. Saeki, S. Seki, T. Fukushima, 9th Workshop on Organic Chemistry for Junior Chemists, Tokyo Institute of Technology, Yokohama, Japan, 2014.11.7-10

  9. 37.

    “Synthesis, Structure, and Reactivity of a Two-Coordinate Boron Cation”,
    N. Tanaka, Y. Shoji, T. Fukushima, 9th Workshop on Organic Chemistry for Junior Chemists, Tokyo Institute of Technology, Yokohama, Japan, 2014.11.7-10

  10. 36.

    “Synthesis and Self-Assembly of a Tripodal Triptycene with a Rotor Unit”,
    Y. Kida, F. Ishiwari, T. Kajitani, Y. Shoji, T. Fukushima, 9th Workshop on Organic Chemistry for Junior Chemists, Tokyo Institute of Technology, Yokohama, Japan, 2014.11.7-10

  11. 35.

    “Shape-Directed Molecular Tiling Approach for Realizing Extraordinary Long-Range Two-Dimensional Structural Order”,
    N. Seiki, Y. Shoji, T. Kajitani, F. Ishiwari, T. Fukushima, 9th Workshop on Organic Chemistry for Junior Chemists, Tokyo Institute of Technology, Yokohama, Japan, 2014.11.7-10

  12. 34.

    “Printed SWCNT Thin-Film CMOS Inverters Based on Ion-gel Chemical”,
    Y. Wada, R. Inukai, T. Fujimoto, H.Hamahata, S. Matsuzaki, K. Yanagi, T. Takenobu, MNC2014, Hilton Fukuoka SeaHawk, Fukuoka, 2014.11.6

  13. 33.

    “Exfoliation of Graphene from C60 monolayer”, M. Ishikawa, K. Miura and N. Sasaki, ISSS-7, Matsue Kunibiki-Messe, Shimane, Japan, 2014.11.3
  14. 32.

    “Conjugated Polymers Sheathed within Their Own Cyclic Sidechains”, K. Sugiyasu, International Symposium on the Synthesis and Application of Curved Organic π-Molecules and Materials (CURO-π), Kyoto, Japan, 2014.10.19-21
  15. 31.

    “Picket-Fenced Polythiophene and its Diblock Copolymers that Afford Microphase Separations Comprising a Stacked and Isolated Polythiophene Ensemble”, C. Pan, K. Sugiyasu, J. Aimi, A. Sato, M. Takeuchi, International Symposium on the Synthesis and Application of Curved Organic π-Molecules and Materials (CURO-π), Kyoto, Japan, 2014.10.19-21
  16. 30.

    【MNC 2014 Most Impressive Poster】"Laminated" Ion-Gel Film as High Capacitance Insulator for Carbon-Nanotube Transistor",
    T. Fujimoto, R. Shimizu, Y. Takagi, Y. Wada, K. Yanagi, T.Takenobu, MNC2014, Hilton Fukuoka SeaHawk, Fukuoka, 2014.11.7

  17. 29.

    “High gain CMOS inverters based on transition metal dichalcogenides”, K. Funahashi, T. Takenobu, FET2014, Mitsui Garden hotel, Chiba, 2014.10.20
  18. 28.

    “Light-emission at dynamic pin junction in WSe2 films”, T. Fujimoto, T. Takenobu, FET2014、Mitsui Garden hotel, Chiba, 2014.10.20
  19. 27.

    “Electric field modulation of thermoelectric property in transition metal dichalcogenides”, K. Kanahashi, T. Takenobu, FET2014, Mitsui Garden hotel, Chiba, 2014. 10.20
  20. 26.

    "Synthesis of Porphyrin Oligomers with Highly Twisted π System",
    S. Ito, S. Hiroto, I. Hisaki, H. Shinokubo, International Symposium on the Synthesis and Application of Curved Organic π-Molecules and Materials, Kyoto, Japan, 2014.10.19

  21. 25.

    "Synthesis of oxa[7]helicenes as a highly emissive helical-shaped molecule",
    S. Hiroto, Y. Koyama, T. Matsuno, T. Kawai, H. Shinokubo, International Symposium on the Synthesis and Application of Curved Organic π-Molecules and Materials, Kyoto, Japan, 2014.10.19

  22. 24.

    「単層グラフェンシートの引き剥がし過程における原子スケール摩擦のグラフェン配向角度依存性」
    安藤孝和,板村賢明, 小柳文子, 近匡, 三浦浩治, 佐々木成朗, 電気通信大学ナノトライボロジーステーション(NaTRS)第一回ワークショップ, 電気通信大学, 東京, 2014年9月29-30日

  23. 23.

    “Thermopower Measurement of Gold Atomic Junctions”,
    R. Matsushita, S. Kaneko, M. Kiguchi, ECOSS30, Antalya, Turkey, 2014.9.2

  24. 22.

    "Crystal and Electronic Structures of Tetraamino- and Tetrakis(dimethylamino)-p-benzoquinones",
    M. Sato, T. Takeda, N. Hoshino, T. Akutagawa, Tohoku University’s Chemistry Summer School 2014, Sendai, 2014.8.25-26

  25. 21.

    “Influence of Probe-Tip Apex on its Interaction with Single-Walled Carbon Nanotubes of different Tube Diameters”,
    Makoto Ashino, Naruo Sasaki, Roland Wiesendanger, NC-AFM 2014, 17th International Conference on Non-contact Atomic Force Microscopy, Tsukuba, Japan, 2014.8.5

  26. 20.

    "Intrinsic Proton Conductor of o-Haloanilinium Derivative and Phosphate Anion",
    Y. Yoshii, T. Takeda, N. Hoshino, T. Akutagwa, the 18th International Symposium on Advanced Display Materials and Devices (ADMD 2014), Sendai, 2014.7.23-25

  27. 19.

    "Optical Responses of Crown-Ether Fused Quinoxalinone Derivative for Cation – Anion Sensing",
    Y. Nakane, T. Takeda, N. Hoshino, K. Sakai, T. Akutagawa, the 18th International Symposium on Advanced Display Materials and Devices (ADMD 2014), Sendai, 2014.7.23-25

  28. 18.

    "Color and Structural Changes of One-Dimensional Cu(II) Complexes Induced by Vapor Chemisorptions",
    K. Takahashi, N. Hoshino, S. Noro, T. Nakamura, T. Akutagawa, the 18th International Symposium on Advanced Display Materials and Devices (ADMD 2014), Sendai, 2014.7.23-25

  29. 17.

    "Enantioselective Synthesis of Higher-Order Helicene-Like Molecules via [2+2+2] Cycloaddition",
    Y. Kimura, N. Fukawa, Y. Miyauchi , K. Tanaka, XXVI International Conference on Organometallic Chemistry, ICOMC-16, Sapporo, 2014.7.13-18.

  30. 16.

    “The Heaviest Ruthenocene Derived from a Silyl-substituted Dilithioplumbole”, M. Nakada, T. Kuwabara, M. Saito, 26th International Conference on Organometallic Chemistry, Sapporo, Japan, 2014.7.17
  31. 15.

    “Preparations and Magnetic Properties of Trioxytriphenylamine Radical Cation Salts”,
    S. Suzuki, M. Kuratsu, T. Eazaki, M. Kozaki, D. Shiomi, K. Sato, T. Takeji, K. Okada, The 14th International Conference on Molecule-based Magnets, Petersburg, Russia, 2014.7.5–10

  32. 14.

    "Vapor Chemisorptions, structurAL CHANGEs, and magnetic properties of copper(II) complex",
    K. Takahashi, N. Hoshino, S. Noro, T. Nakamura, T. Akutagawa, The 14th International Conference on Molecule-Based Magnets (ICMM2014), SaintPetersburg, 2014.7.5-10

  33. 13.

    “Twisting Polythiophene Backbone through Cyclopolymerization of Gemini Thiophene Monomers”, C. Zhao, K. Sugiyasu, M. Takeuchi, NIMS Conference 2014, Tsukuba, Japan, 2014.7.1-3
  34. 12.

    “Picket-Fenced Polythiophene and its Diblock Copolymers that Afford Microphase Separations Comprising a Stacked and Isolated Polythiophene Ensemble”,
    C. Pan, K. Sugiyasu, A, Sato, J. Aimi, M. Takeuchi, NIMS Conference 2014, Tsukuba, Japan, 2014.7.1-3

  35. 11.

    “Full Color Fluorescence From RGB Trichromophoric Nanoparticle System Assisted by Dual-FRET in Aqueous Medium towards Visual Bio-sensing”, NIMS Conference 2014, Tsukuba, Japan, 2014.7.1-3
  36. 10.

    "Water-solube Rosset Hydrogen-bonded Supramolecular Assemblies of Perylene Bisimide",
    I. Fukuda, S. Yagai, NIMS Conference, Tsukuba, Japan, 2014, 7.1-3.

  37. 9.

    "Formation of Supramolecular Rosettes by Barbituric-Acid-Capped Oligo (hexylthiophene)s and Their Application in Organic Photovoltaics",
    M. Suzuki, S. Yagai, NIMS Conference, Tsukuba, Japan, 2014, 7.1-3.

  38. 8.

    "Photo-Inversion of Supramolecular Chirality in the Self-Assemblies of Azobenzene Dyads",
    Y. Chiba, S. Yagai, NIMS Conference, Tsukuba, Japan, 2014, 7.1-3.

  39. 7.

    【Best Poster Award】"Control over Self-Assembly Pathway through Photoreaction of Stilbene Supramolecular Building Blocks",
    M. Yamauchi, S. Yagai, NIMS Conference, Tsukuba, Japan, 2014, 7.1-3.

  40. 6.

    "Phase Transition Mechanism of Ferroelastic n-Alkylammonium Dihydrogen Phosphate",
    A. Yasuda, T. Takeda, N. Hoshino, T. Akutagawa, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2014 (ICSM 2014), Turku, Finland, 2014.6.30-7.5

  41. 5.

    "Synthesis, Fluorescence and Polarization Properties of Alkylamide Substituted Pyrene Derivatives",
    H. Anetai, T. Takeda, N. Hoshino, T. Akutagawa, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2014 (ICSM 2014), Turku, Finland, 2014.6.30-7.5

  42. 4.

    "Intrinsic Proton Conductor of Hydrogen-Bonding Molecular Crystals of o-Fluoroanilinium-Phosphate",
    Y. Yoshii, T. Takeda, N. Hoshino, T. Akutagawa, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2014 (ICSM 2014), Turku, Finland, 2014.6.30-7.5

  43. 3.

    "Preparations, Crystal Structures, and Physical Properties of Binuclear Cu(II) Complexes bearing Bulky Ligands",
    K. Takahashi, N. Hoshino, S. Noro, Takayoshi Nakamura, T. Akutagawa, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2014 (ICSM 2014), Turku, Finland, 2014.6.30-7.5

  44. 2.

    “Synthesis and Reactivity of THF-Stabilized Plumbacyclopentadienylidene”, T. Akiba, T. Kawamura, M. Abe, M. Hada, M. Saito, 26th International Conference on Organometallic, Chemistry, Sapporo, Japan, 2014.6.17
  45. 1.

    "Photoinduced Ring-Opening of Self-Assembled Nanorings",
    Y. Yamada, S. Yagai, NIMS Conference, Tsukuba, Japan, 2014.7.1-3

国際会議発表(一般口頭)
  1. 27.

    “High performance organic light-emitting devices based on light-emitting polymers and ionic liquids”,
    T. Sakanoue, T. Takenobu, IC-LYMS2014, Huayu Resort and Spa Yalong Bay Sanya, Sanya, China, 2014.12.23

  2. 26.

    “Complex Architectures Composed of Disc-shaped Macromolecules”,
    T. Kajitani, K. Motokawa, M. Takata, T. Fukushima, 10th SPSJ International Polymer Conference, International Congress Center Epocal Tsukuba, 2014.12.2-5

  3. 25.

    “Underscreened Kondo state of collective molecular spin in Mn-Phthalocyanine on Pb(111)”,
    E. Minamitani, Y. Fu, Q.-K. Xue, Y. Kim, S. Watanabe, International Symposium on Computics: Quantum Simulation and Design, Tokyo, Japan, 2014.12.1-3

  4. 24.

    "Room-temperature Synthesis of Highly-Twisted Porphyrin Oligomers", S. Hiroto, S. Ito, H. Shinokubo, 9th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia, Malaysia, 2014.12.3

  5. 23.

    "Full Color Fluorescence From RGB Trichromophoric Nanoparticle System Assisted by Dual-FRET in Aqueous Medium towards Visual Bio-sensing",
    J. Xu, M. Takeuchi, The 10th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2014), Tsukuba, Japan, 2014.12.2-5

  6. 22.

    "Picket Fence Polythiophene and its Diblock Copolymers that Afford Microphase Separations Comprising a Stacked and Isolated Polythiophene Ensemble",
    C. Pan, K. Sugiyasu, J. Aimi, A Sato, M. Takeuchi, The 10th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2014), Tsukuba, Japan, 2014.12.2-5

  7. 21.

    "Control over Pathway Complexity in Supramolecular Polymerization through Modulating Energetic Landscape by Molecular Design",
    T. Fukui, S. Og,i K. Sugiyasu M. Takeuchi, The 10th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2014), Tsukuba, Japan, 2014.12.2-5

  8. 20.

    “Flexible Transistor and Inverter of Large-Area WSe2 Thin Film”,
    K. Funahashi, J. Pu, L.-J. Li, Y. Iwasa, T. Takenobu, MNC2014, Hilton Hukuoka SeaHawk, Hukuoka, 2014.11.7

  9. 19.

    “Real time chemical contrast technique by direct detection of local minima of frequency shifts”,
    Y. Miyazaki, P. E. Allain, D. Damiron, Y. Toriyama, D. Kobayashi, K. Nagao, K. Edagawa, N. Sasaki and H. Kawakatsu, ISSS-7, Matsue Kunibiki-Messe, Shimane, Japan, 2014.11.3

  10. 18.

    “All optical non-contact Atomic Force Microscope working with high frequency non-flexural modes towards shorter range chemical contrast”,
    P. E. Allain, D. Damiron, Y. Miyazaki, D. Kobayashi, K. Nagao, K. Edagawa, N. Sasaki and H. Kawakatsu, ISSS-7, Matsue Kunibiki-Messe, Shimane, Japan, 2014.11.3.

  11. 17.

    “Underscreened Kondo effect of the collective spin state in Mn-phthalocyanine on Pb(111)”,
    E. Minamitani, Y. Fu, Q.-K. Xue, Y. Kim, S. Watanabe, ISSS-7 (The 7th International Symposium on Surface Science), Matsue, Japan, 2014.11

  12. 16.

    "Picket-Fenced Polythiophene and its Diblock Copolymers that Afford Microphase Separations Comprising a Stacked and Isolated Polythiophene Ensemble",
    C. Pan, K. Sugiyasu, J. Aimi, A. Sato, M. Takeuchi, International Symposium on the Synthesis and Application of Curved Organic π-Molecules and Materials (CURO-π), Kyoto, Japan, 2014.10.19-21

  13. 15.

    "Synthesis of Porphyrin Oligomers with Highly Twisted π System",
    S. Ito, S. Hiroto, I. Hisaki, H. Shinokubo, International Symposium on the Synthesis and Application of Curved Organic π-Molecules and Materials, Kyoto, Japan, 2014.10.19

  14. 14.

    "Synthesis of oxa[7]helicenes as a highly emissive helical-shaped molecule",
    S. Hiroto, Y. Koyama, T. Matsuno, T. Kawai, H. Shinokubo, International Symposium on the Synthesis and Application of Curved Organic π-Molecules and Materials, Kyoto, Japan, 2014.10.19

  15. 13.

    "Synthesis, Property, and Reactivity of Norcorrole Ni(II) Complex",
    H. Shinokubo, Michinoku International Symposium on Porphyrins, Phthalocyanines and Functional π Molecules, Miyagi, Japan, 2014.10.15

  16. 12.

    “Single Molecular Resistive Switch Showing Three Distinct Conductance States”,
    M. Kiguchi, S. Fujii, S.Nakajima, T. Ohto, H. Nakamura, K. Sugiyasu, M. Takeuchi, ECOSS30, Antalya,Turkey, 2014.9.2

  17. 11.

    “Development of Semiconducting Nanowires via Ion Beam-Triggered Intra-Track Polymerization of π-Conjugated Small Molecules”,
    T. Sakurai, Y. Takeshita, M. Sugimoto, and S. Seki, The 15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014), Fukuoka University, 2014.8.24-30

  18. 10.

    "Amphiphilic Dipolar p-Systems for Designed Stimuli-Responsive Luminescent Materials",
    S. Yagai, IUMRS-ICA2014, Fukuoka, Japan, 2014, 8.24-30.

  19. 9.

    【Award for Encouragement of Research in IUMRS-ICA2014】
    "Self-Assembly Pathways Guided by Photocyclized Product of Stilbene Dyad",
    M. Yamauchi, S. Yagai, IUMRS-ICA2014, Fukuoka, Japan, 2014.8.24-30

  20. 8.

    "Antiferroelectric Ordering of Lithium Cation Encapsulated in C60 Fullerene",
    S. Aoyagi, K. Sugimoto, H. Okada, N. Hoshino, T. Akutagawa, the 10th Japan-Korea Conference on Ferroelectrics, International Conference Center Hiroshima, 2014.8.17-20

  21. 7.

    "Dielectric Phase Transition of [Li@C60](PF6) at Low Temperature",
    S. Aoyagi, K. Sugimoto, H. Okada, N. Hoshino, T. Akutagawa, The 23rd International Union of Crystallography (IUCr) Congress, Montreal, 2014.8.5-12

  22. 6.

    “Exploring Photovoltaic Feasibility of Pentaaryl [60]Fullerene in Bulk Heterojunction Architecture”,
    T. Mikie, A. Saeki, N. Ikuma, K. Kokubo, and S. Seki, The 31th International Conference of Photopolymer Science and Technology (ICPST-31), Chiba University, 2014. 7. 8–11

  23. 5.

    “Spatial Point Analysis of Ion Track Patterns using Common Polymer Films by Atomic Forced Microscopy”,
    M. Omichi, W. Choi, S. Tsukuda, M. Sugimoto, S. Seki, The 31th International Conference of Photopolymer Science and Technology (ICPST-31), Chiba University, 2014.7.8–11

  24. 4.

    "Twisting Polythiophene Backbone through Cyclopolymerization of Gemini Thiophene Monomers",
    C. Zhao, K. Sugiyasu, M. Takeuchi, NIMS Conference 2014, Tsukuba, Japan, 2014.7.1-3

  25. 3.

    "Picket-Fenced Polythiophene and its Diblock Copolymers that Afford Microphase Separations Comprising a Stacked and Isolated Polythiophene Ensemble",
    C. Pan, K. Sugiyasu, A. Sato J. Aimi, M. Takeuchi, NIMS Conference 2014, Tsukuba, Japan, 2014.7.1-3

  26. 2.

    "Full Color Fluorescence From RGB Trichromophoric Nanoparticle System Assisted by Dual-FRET in Aqueous Medium towards Visual Bio-sensing",
    J. Xu, A. Takai, M. Takeuchi, NIMS Conference 2014, Tsukuba, Japan, 2014.7.1-3

  27. 1.

    "Structure, dynamic behavior, and electrochromism of quinacridone derivatives",
    T. Takeda, T. Akutagawa, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2014 (ICSM 2014), Turku, Finland, 2014.6.30-7.5

新聞掲載
  1. 1.

    「Benesse 進研ゼミ 大学受験講座 エンカレッジ物理」誌で超潤滑の研究が紹介された。佐々木 成朗「科学者たちのメッセージ 18歳のきみへ ナノの世界の摩擦をゼロに近づける!」Benesse 進研ゼミ 大学受験講座 エンカレッジ物理 2014(9月号), 83–83.
アウトリーチ活動
  1. 1.

    NEK Eテレ「すいエんサー」出演 2014年12月30日(火)

π造形スクール

π造形科学NEWS by佐藤健太郎

π-System Figuration for rising scientists

π-System Figuration facebook page

Page top